大塚晃平(日大三)4番の出身中学や身長体重は?ホームランがすごい!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

第100回大会での優勝を狙う西東京都代表の日大三高校
その日大三で4番を打つのが3年生の大塚晃平選手です。
日大三の小倉全由監督が
「大塚に回せば何とかしてくれる」
と全幅の信頼を寄せる勝負強いバッターです。
これまでも何度も勝負所でホームランを打ってチームを勝利に導いてきました。
今年の西東京大会の決勝では、サヨナラホームランを打って、甲子園出場を決めています。

 


名前:大塚晃平(おおつか こうへい)
生年月日:2000年5月6日
出身:神奈川県座間市
身長:181cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
経歴:座間市立座間小学校→座間市立西中学校→日大三高校

 

大塚選手は、小学校は座間小1年から「座間パイレーツ」で野球を始めました。

中学時代は、「相模ボーイズ」に所属。
「相模ボーイズ」では、過去に近藤一樹投手(日大三→オリックス→ヤクルト)、横尾俊建選手(日大三→慶応大→日本ハム)などがプレーしていました。

「相模ボーイズ」は神奈川にあるチームですが、意外と東京の日大三と縁があるチームですね。
そんな縁もあってか大塚選手も中学卒業後は、日大三高校に進学します。

 

〇日大三高
高校では1年秋からベンチ入り。
チームは1年秋の東京都大会で準優勝し、翌春のセンバツに出場しいています。
しかし、残念ながら、大塚選手はセンバツではベンチメンバーから外れてしまいました。

2年秋からはライトレギュラーを獲得。
同年秋の東京都大会優勝
大塚選手は2年秋の公式戦で、打率5割1分4厘18打点を記録。
いずれもチーム1位でした。

しかし3年春のセンバツでは、全2試合に4番ライトで先発出場しましたが、8打数1安打1打点と少し物足りない成績で終わっています。

3年夏の西東京都大会では、24打数10安打7打点優勝に貢献。
決勝では、プロ注目の150km/h右腕・勝又温史投手から、サヨナラホームランを打って甲子園出場を決めました。

 

○プレースタイル
大塚選手は、とても勝負強い4番打者です。
3年夏の西東京都大会にサヨナラホームランを打って試合を決めたように、ここぞというところでホームランを打ちます。
2年秋にレギュラーを獲得する以前も、勝負ところで代打で出てきてホームランを打つというシーンが何度かありました。
高校通算ホームランは22本
50m6秒3

 

○人柄
大塚選手は、合宿所で開くクリスマスパーティーでコントを披露したり、演技をしたりと、ひょうきんな面もあります。
練習が休みの日、1人で映画館に行くのがリラックス法だそうです。

日大三の小倉監督は大塚選手について
「人間として真面目。偉そうなところが全くない」
と評しています。

野球の技術だけではなく人間的にもすばらしい選手みたいですね。

 

○スカウトの評価
探しましたが、ありませんでした
そこで、ヤクルト、阪神、楽天でヘッドコーチや2軍監督を務めた、松井優典氏の大塚選手についての評価をご紹介します。(3年夏の甲子園・折尾愛真戦を見て)
「この試合では技術的な部分を判断するのは少し難しかったですが、あのホームランの場面での振りの鋭さを見ると、大学に行ってから力が出る選手だと言えるでしょう。プロですぐにというのは難しいかもしれませんが、大学で経験を積んで、打つことだけではなくインサイトベースボール(頭を使った野球のこと)も身につけてもらいたい選手。間違いなく素材はいい」

大塚選手は、「相模ボーイズ」と日大三の先輩である横尾選手のように大学経由で、プロ入りするかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ