根来龍真(常葉大菊川) 4番でキャッチャーのドラフト候補の出身中学は?身長体重も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2年ぶり6度目の甲子園出場を果たした常葉大菊川高校
今年の常葉大菊川は、監督がバントや盗塁のサインを一切ださないという「ノーサイン野球」を掲げて、静岡県大会を勝ち上がってきました。
そのノーサイン野球のキーマンとして監督が名前を挙げるのは、4番でキャッチャーを務める根来龍真選手です。
171cmと小柄な根来龍真選手ですが、強肩強打でプロからも注目されています。

 


名前:根来 龍真(ねごろ りょうま)
出身:静岡県掛川市
身長:171cm
体重:65kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:掛川市立東中学校→常葉大菊川高校

 

〇常葉大菊川
根来選手は、中学時代は硬式野球チーム「浜松シニア」でプレーしていました。

中学卒業後は、常葉大菊川高校に進学。
常葉大菊川は、根来選手が高校1年生の夏に甲子園出場しています。
しかし、当時はまだベンチ外で、スタンドからの応援でした。

翌2年春の地区大会では、全5試合でスタメンマスクを経験し、2年夏の静岡県大会からキャッチャーのレギュラーを獲得。

2年夏の静岡県大会では、全5試合で4番を打ち、打率.381、打点5を記録します。
しかし、準々決勝で浜松商業に敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

2年秋の静岡県大会では、準優勝になり、東海大会に進出。
東海大会でもベスト8に入っています。
この頃から、徐々にスカウトからも注目される存在になっていきました。

2年生の冬には、自身に足りない長打力を鍛えるため、チーム練習後に毎日2時間のバッティング練習を追加。
さらには、食事量も増やし、スクワットなどで下半身を鍛えてスタミナをつけました。

それらの練習の成果から、3年夏の静岡県大会では、打率.476、ホームラン1本、打点10と昨年以上の活躍をみせ、2年ぶり6度目となる県大会優勝を達成しています。

 

根来選手の同学年のチームメイトには、漢人友也投手、奈良間大己選手らがいます。
漢人投手についてはこちらを→漢人友也(常葉大菊川)エースの名字は何と読む?身長体重/兄/中学は?
奈良間選手についてはこちらを→奈良間大己(常葉大菊川)キャプテン・ショートで打率8割!身長体重/出身中学は?


○プレースタイル
小柄な強肩強打のキャッチャーです。
バッティングでは、一発を秘めた打撃で2年生から4番を任されています。

キャッチャーとしては、フットワークがよく、素早く正確なスローイングで盗塁を許しません。

また、足も速く3年夏の県大会では、6試合で7つの盗塁を記録しました。

 

○スカウトの評価
中日・佐藤スカウト
「コリジョンルールがあるから今のプロなら体格がなくても捕手は十分可能。本人がプロを希望するなら追いかけたい」

 

〇まとめ
常葉大菊川は、夏の甲子園では2008年に準優勝を経験しています。
それから、ちょうど10年「ノーサイン野球」で再び旋風を起こすことが出来るのか!?
根来選手の攻守での活躍に期待です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ