小池悠平(前橋育英)ドラフト候補の出身中学や成績は?ホームランに期待!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

前橋育英の攻守の要である小池悠平選手。
守りではキャッチャーとしてチームを支え、打撃では4番を担います。
2年生で出場した昨年夏の甲子園で、2本のホームランを打ち、注目を集めました。
それから1年、さらに成長した小池選手が甲子園に帰ってきます。

 


名前:小池 悠平(こいけ ゆうへい)
生年月日:2000年5月13日
出身:群馬県桐生市
身長:176cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
家族:両親と兄
経歴:桐生市立川内中学校→前橋育英高校

 

小池選手は、幼稚園から「川南コブラ」で野球を始めました。
中学時代は、軟式野球部に所属。
その頃からキャッチャーとしてプレーし、関東大会にも出場しています。

 

〇前橋育英
中学卒業後は
「群馬県内からうまい選手が集まる学校で、自分の力を試してみたい」
と強豪・前橋育英高校に進学。
打撃力を生かすためにキャッチャーからファーストに転向すると、1年秋からレギュラーを獲得しました。

1年生秋の群馬県大会では、主に7番を打ち、に貢献。
続く関東大会でもベスト4入りし、センバツ出場を決めました。

翌2年春のセンバツ大会では、初戦・中村高校戦、2回戦の報徳学園戦にいずれも8番・ファーストで出場。
2試合合わせて、6打数1安打2打点の成績を残しています。

2年夏の群馬県大会でも優勝
2季連続の甲子園出場を果たしました。

2年夏の甲子園で、初戦の山梨学院戦で左ポール際にたたき込む2ランホームランを放つと、優勝した花咲徳栄との3回戦でもライトにソロホームランを放ちます。
全3試合出場し、11打数3安打2本塁打4打点の活躍で、ベスト16入りに貢献しました。

2年秋の新チームからキャッチャーに再コンバートされ、打順も4番を任されるようになります。
当時の前橋育英は、2016年の春の大会から5季連続で群馬県を制していて、県内公式戦33連勝中と群馬県内では無双状態でした。
しかし、2年秋の群馬県大会では準々決勝でプロ注目の門馬投手のいる藤岡中央に延長14回の末敗れ、連勝ストップ。
3季連続の甲子園出場も逃しています。

それでも3年夏の群馬県大会では、打率5割4分5厘、3ホームラン、8打点と打ちまくり、優勝しました。

 

○プレースタイル
強打が売りのキャッチャーです。
フルスイングから広角に長打を放つことができます。
50m6秒5、一塁到達4.5秒台前半。
遠投90m。

小池選手の理想の打者はヤクルト・山田哲人選手です。
「内角は体の回転で打て、逆方向へも強く打てる。映像で参考にしている」
と語ります。

 

〇まとめ
小池選手は、昨年よりパワーアップして自身3度目となる甲子園に戻ってきます。
果たして、今年の甲子園では何本ホームランを見せてくれるのでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ