西純矢(創志学園)ドラフト候補の父や親戚や出身中学は?球速球種も!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

2年ぶり2度目夏の甲子園出場を決めた創志学園

そのエースが、西純矢投手です。
2年生ながら、U-18日本代表の1次候補にも選出されている、本格派のピッチャーです。


名前:西 純矢(にし じゅんや)
出身:広島県廿日市市
身長:183cm
体重:79kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:廿日市市立阿品台中学校→創志学園

 

西投手は、小学2年生から「鈴が峰レッズ」で軟式野球を始めました。
小学5年生でキャッチャー、6年生でエースを務めています。

中学時代は、「ヤングひろしま」でプレー。
中学3年の夏にはNOMOジャパンに選ばれ、アメリカ遠征を経験しました。

 

○創志学園
中学卒業後は、岡山県にある創志学園に進学。
1年からベンチ入りしました。

1年夏の岡山県大会では いずれもリリーフとして6試合中4試合に登板。
4回2/3を投げ、6奪三振、6安打6失点の結果を残しています。

1年秋の県大会では、準決勝で倉敷商業に敗れ、3位決定戦でもセンバツに出場したおかやま山陽に敗れ4位

2年夏の県大会は、準決勝の倉敷商業戦で、プロ注目の引地秀一郎投手完封投げ勝つと、決勝でも岡山学芸館相手に、6安打2失点完投勝ちを収めています。


※追記
続く年夏の甲子園では、1回戦の創成館戦で、6者連続を含む毎回の16個もの三振を奪う好投で、4安打無四死球完封勝利を挙げます。
しかし、2回戦の下関国際戦では、9回に3点を獲られ、4-5と逆転負けを喫しました。

 

○ガッツポーズ※追記
敗れた下関国際戦で、西投手は試合が始まってすぐ球審から
「必要以上のガッツポーズをしないように。試合のテンポを良くするために、早くプレートについて」
と注意を受けていました。
西投手は、自然に雄叫びやガッツポーズが出る気持ちを前面に出すタイプのピッチャーです。
この注意によって
「(打者ではなく)審判と勝負してしまった。気持ちのあせりが態度に出てしまった」
とリズムを崩して敗戦につながってしまいました。
ちょっとかわいそうな気がしますが、このことを糧にして、精神面でも一回り成長して、また来年、甲子園に戻ってきてほしいですね。

*地方大会でも同じような注意をされながら、気に留めず、修正しなかったようですので、そういう意味では、本人の甘さが招いたと言えるかもしれません。

 

○プレースタイル
スリークォーターから、最速150km/hのストレートを投げます。
「球が速く、フォームもきれい」
と同校OBの高田萌生投手(巨人)を憧れの投手として、お手本にしているようです。

変化球は、スライダー、チェンジアップ、フォークなど。

 

○野茂直伝のフォーク
西投手の投げるフォークは、中学時代にNOMOジャパンでアメリカ遠征した時に、野茂総監督から直接教わったものです。
西投手はこのボールをわずか2日で取得しました。

 

○オリックス・西投手と親戚
西投手は、オリックスの西勇輝投手と親戚だそうです。
どこまで近い親戚なのかは不明ですが、投球フォームは似ている気がしますね。

 

○スカウトの評価
■巨人・渡辺スカウト
「ボールがキレている。スライダーも良いところに曲がるしキレもある」18/7/29

※追記:2年夏甲子園での評価
■ソフトバンク・永井智浩編成育成部長兼スカウト室長
「ハートの強さもプロ向き」18/8/13

■楽天・長島スカウト部長
「腕が振れ、カーブでもスライダーでもストライクが取れる。今年でも候補に入る投手。もっと良くなるだろうし、来年が楽しみ」18/8/10
「ウチの則本タイプかな。来年の(ドラフト)上位候補としてみていく」

■オリックス・柳川浩二スカウト
「きっちりコースに投げ分けることができるし、球に力がある。来年のドラフトでは間違いなく上位候補ですね」18/8/10
「県大会と比べると抜群にいい。2年生でこの投球ができれば来年が楽しみ。3年生の中に入っても遜色ない」

■ロッテ・永野チーフスカウト
「腕の振りがいい。だから打者はスライダーを振ってしまう。球も強い。来年の上位候補になるでしょう。横浜・及川、大船渡・佐々木、星稜・奥川、菰野・岡林と来年は楽しみな投手が多い」18/8/10
「1球目から気迫の投球をしていたし、球速も変化球も楽しみ。来年(ドラフトで)名前が挙がるでしょう」

■広島・苑田スカウト統括部長
「(今大会で)今日まで見た投手の中で一番いい。速さ、キレ、コントロール、力強さ、度胸。何を取っても素晴らしい。センスも感じる。来年の1位候補になる」18/8/10
「来年のドラフト1位。現時点で今大会NO1投手」

■阪神・山本宣史スカウト
「真っすぐに力があったし、同じ腕の振りで投げるスライダーは切れがあった。このままいけば来年のドラフトは上位候補だね」18/8/10
「このまま順調にいけば、来年はドラフト上位候補。同じ腕の振りで、直球とスライダーを投げられるのがいい」
「腕が振れるし、スライダーのキレがいい。このまま順調に育てば、来年は上位で消えるでしょう」

■DeNA・吉田スカウト部長
「仙ちゃん(星野仙一氏)みたいだね。気持ちの強さが見える」18/8/10

■巨人・岡崎スカウト部長
「2年生でU―18の代表候補に選ばれるほどだから、実力のある投手なのは分かっているけど、あらためていい投手だと再確認した。ボールが指を離れてからミットに入るまでの軌道がいい。それは投げ方がよく、ボールの質もいいから。来年がすごく楽しみ」18/8/10
「現時点では金足農の吉田君、西君がトップランク。スピード、キレ、変化球ともに良かった。ボールのラインも素晴らしいです」

■中日・中田アマスカウトディレクター
「今年でもドラフト候補。力と技を兼ね備えています。クロス気味に入ってきてスピード、キレともトップレベル」18/8/10
「来年のドラフト1位候補なのは間違いない。特に直すところはない。今年でも1位に入る。このまま体力がレベルアップしていけば、ものすごい投手になる」
「角度とキレがいい。特に(右打者は)アウトローへの球のキレには手も足も出ない。来年の目玉になる」

■ヤクルト・伊東編成部長
「これから1年かけて見ていきます。楽しみな投手。タイプは(元中日の)朝倉(健太)みたいだね」18/8/10

 

○父
西投手の帽子のつばには
「緊張するとこわばるので」
“笑顔”と言う文字と、“10.11”と言う数字が書かれてあります。
“10.11”というのは、高校1年生の時に突然亡くなった父・雅和さんの命日です。
雅和さんは、生前
「私が学生のころに野球をさせてもらえなかったこともあり、息子が野球をしたいと言ったときはうれしかった」
とインタビューに答えられています。
きっとお父さんは、西投手の甲子園出場を誰よりも喜んでくれているでしょうね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ