野球

鶴田克樹(下関国際→東京農業大学)ドラフト候補の出身中学や球速球種や成績は?

追記:プロ志望届が提出されました。
その他、提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

3季連続の甲子園出場を決めた下関国際高校

その下関国際投打の中心にいるのが、4番でエース鶴田克樹投手です。
中学時代は無名の捕手でしたが、下関国際の坂原秀尚監督の下、厳しい練習を耐え抜き、プロ注目の選手へと成長しました。

 


名前:鶴田克樹(つるた かつき)
出身:福岡県北九州市
身長:180cm
体重:93kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:北九州市立港が丘小学校→北九州市立早鞆中学校→下関国際高校

 

鶴田投手は、小学生の時にソフトボールを始めました。

中学時代は軟式野球部でキャッチャーとしてプレー。
この頃の鶴田投手は、特別目立つような選手ではありませんでした。

 

〇下関国際高校
中学3年で引退したあと、下関市内の硬式野球チームの練習に参加した際に出会った、下関国際の坂原秀尚監督に、ピッチャーとしての才能を見いだされ、同校へ進学します。

下関国際野球部の坂原秀尚監督は
・文武両道はあり得ない
・「自主性」というのは指導者の逃げ
・「楽しい野球」というのは嘘
・炭酸飲料やかき氷は禁止
・携帯電話は入部時に解約
・買い食い禁止
・朝5時から練習
など、いまどき考えられない程の厳しい監督さんです。

今でこそエースで4番の鶴田投手ですが、1年生の時の公式戦出場はなく、毎日一升の米を食べ、2000回の素振りをこなして、体作りに努めます。
その努力が認められ、2年生の春から公式戦で4番を任されるようになりました。

2年夏の山口県大会では、4番・ファーストで打率.455と好成績を残し、初優勝に貢献。
しかし、続く甲子園は、香川代表・三本松高校に4対9敗れ、1回戦敗退でした。

2年秋からは、エースとして、県大会優勝
続く中国大会でも決勝に進出します。
決勝では、7回表終了時点で、9点リードをしますが、鶴田投手は連投の疲れから、6回以降毎回失点し、9回に追い付かれて降板すると、チームは延長10回サヨナラ負けを喫してしまいました。

この敗戦から鶴田投手は
「自分を変えないと、また打たれる」
と考え、それまで北九州市門司区の自宅から電車で約20分かけて通学していましたが、少しでも練習の時間を確保するために、学校の寮への入寮を決断。
さらには3年春のセンバツで初戦敗退(1対3創成館)すると、毎朝、朝練習の前の5時からグラウンドに出て、800メートル走を10本追加するなど、自分を追い込みました。

オーバーワークが心配になるほどの練習量ですね。
坂原監督も尋常ではない練習量を課すことで有名ですが、鶴田投手もそれ以上かもしれません。

これだけの練習の甲斐があって、3年夏の山口県大会でも優勝
特に決勝では、3安打完封に加えて、打っては特大の先制スリーランと、一人舞台の活躍でした。

 

○プレースタイル
180cm93kgの、ガッチリした体格のピッチャーです。
ストレートの最速は147km/h
変化球は、スライダー、フォークボール、ツーシーム、カーブなど。

坂原監督が言うには、とても優れた指先感覚の持ち主だそうで、そのため、とてもコントロールがいいです。
2年秋の与四球率1.37は、30回以上投げたセンバツに出場した投手の中で最少でしたし、3年夏の山口県大会でも、33回を投げて、四死球は僅かに6だけでした。

過去2度甲子園に出場して、いずれも初戦で敗れている下関国際高校は、まずは甲子園初勝利を目指しています。
そのためには鶴田投手の投打での活躍が必要不可欠ですね。

 

◯2018年甲子園での結果
第100回全国高校野球選手権記念大会準々決勝で、下関国際は、日大三に3―2で敗れてしまい、下関国際の快進撃は、8強で止まりました。
エースで4番の鶴田投手は、7回2死まで無安打投球を続けていましたが、2点リードの8回先頭から3連打を浴びて同点に追い付かれると、2死から逆転を許しました。
鶴田投手は、
「甘い球を見逃してくれなかった。いつか打たれると思って、無安打は気にしていなかった。いつも通りに投げることができたが、投げ急いだ部分もあった。悔しい。1球に悔いが残った。悔しさを忘れず、1、2年には頑張って欲しい」とコメントしています。

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人