加田悠真(明石商)洲本出身のドラフト候補!中学や球速球種や成績は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

兵庫県大会では、昨年まで3年連続準優勝に終わっていて、なかなか甲子園に出場できなかった明石商業
しかし、今年ようやく、西兵庫大会を制し、夏は初めてとなる甲子園出場を成し遂げました。

その明石商業の優勝の原動力となったのが、背番号3ながら実質・エースとして活躍した加田悠真投手。
ストレートの最速は134km/hと特別速くはありませんが、勝ち方を知っている実戦派のサウスポーです。

 


名前:加田悠真(かだ ゆうま)
出身:兵庫県洲本市
身長:178cm
体重:73kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:洲本市立洲本第三小学校→洲本市立青雲中学校→明石商業

 

加田投手の出身地・洲本市は、淡路島の中央に位置し、島内での行政の中心です。

そこで、小学校4年生から軟式野球を始めました。
元々は右投げだった加田投手ですが、野球を始めた時に父親の助言で左投げに転向しています。

中学時代は「ヤング淡路」でプレー。
中学3年時には全国大会にも出場しました。

 

〇明石商業
高校進学の際は、父が洲本高野球部のOBだったこともあり、洲本高校で、地元の仲間と一緒に甲子園を目指すと言う選択肢もありました。
しかし、「甲子園に出場」と言う夢を実現する道筋を真剣に考えた末、島を出て、明石商業に進学しています。

高校では、1年秋からベンチ入り。
2年生春の兵庫県地区予選では、西脇高校を相手に延長11回1対0ノーヒットノーランを達成しました。

2年夏の兵庫県大会では、エースとして全7試合に先発し、決勝進出を果たします。
しかし、決勝で神戸国際大附に敗れ、あと一歩のところで優勝を逃してしまいました。

2年秋の兵庫県大会でも全5試合に先発し、全て完投
40イニングを投げ、わずか4失点の活躍で優勝を達成しています。
続く近畿大会1回戦では、彦根東と対戦。
増居翔太投手と投げ合いますが、善戦およばず3対4で敗れ、センバツ出場はなりませんでした。

3年春の兵庫県大会でも優勝し、近畿大会に出場。
近畿大会では、初戦でセンバツ優勝の大阪桐蔭と対戦し、6対7で敗れたものの、延長10回までもつれ込む接戦でした。

西と東に分けられて行われた3年夏の西兵庫県大会では、夏は初めての優勝
ようやく甲子園出場を成し遂げました。

加田投手の同学年のチームメイトに、プロ注目の勝本樹投手がいます。

 

○背番号3
春の近畿大会と、西兵庫県大会で付けていた背番号は3です。
明石商業の狭間善徳監督によると理由は
「冬に風邪で1週間も休んだので1番は渡せません。3番でも惜しいくらい」
厳しすぎますね……。
果たして、甲子園では、背番号1をもらえるのでしょうか。

 

○プレースタイル
ワインドアップから投げる、スリークォーターの左投手です。
緩急を付けたピッチングが持ち味で、粘り強い投球で試合を作ることができます。

変化球は、スライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシームなど。
特に右打者にはチェンジアップ、左打者にはスライダーを決め球として効果的に使っています。

 

明石商業は、加田投手の活躍もあり、昨年秋から兵庫県内では21連勝中です。
甲子園でも勝ち続けることが出来るかは、加田投手のピッチングにかかっています。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ