社会人野球

近本光司(大阪ガス)の結婚相手(嫁)は?ドラフト評価や中学高校大学も!

★2018年ドラフト・阪神1位!
その他指名選手はこちら→ドラフト指名選手一覧2018!

大阪ガスのドラフト候補、近本光司選手。
大卒2年目で、2018年の都市対抗野球大会では大活躍。
チームを初優勝に導くとともに、個人でもMVPにあたる橋戸賞首位打者賞を受賞しています。
近本選手は、社会人日本代表にも選ばれていて、今一番乗っている社会人バッターといえるのではないでしょうか。

 


名前:近本光司(ちかもと こうじ)
生年月日:1994年11月9日
出身:兵庫県淡路市
身長:170cm
体重:70kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:外野手
血液型:B型
経歴:淡路市立東浦中学校→兵庫県立社高校→関西学院大学→大阪ガス

 

2人の兄の影響で、8歳から野球を始めました。

 

〇県立社高校
兵庫県立社高校に進学します。
高校では、ライト兼ピッチャーとしてプレーしていました。

2年夏の兵庫県大会では、1番打者としてベスト8進出。
3年夏の兵庫県大会では、3番を担い5試合で打率.412(17打数7安打)をマークし、投手としても先発・救援で各1試合ずつ、計7イニングに登板して、ベスト8入りに貢献しています。

高校時代の近本選手は、141km/hを計測し、先発した3年夏の5回戦・神港学園戦で6回1失点の好投を見せるなど、どちらかと言うと野手としてではなく、投手として注目されていました。

 

〇関西学院
高校卒業後は、関西学院大学に進学。
大学入学後は、ピッチャーとしてプレーしていましたが、2年生から外野手に転向しています。

すると、翌3年春のリーグ戦ではセンターのレギュラーを獲得し、打率.379の好成績でベストナインに輝きました。
この時は、盗塁もリーグ最多となる10個を記録しています。

大学時代からプロ志望の強い近本選手でしたが、大学4年の春秋に転倒と死球で2度右腕を骨折し、ドラフトとにかかることはありませんでした。

 

○社会人時代
大学卒業後は 大阪ガスに入社。
1年目からセンター兼ライトのレギュラーとして公式戦に出場します。
都市対抗の2次予選では、2試合連続のホームランを打つなど活躍。
チームは都市対抗本選への出場は逃しますが、この活躍が認められ、神戸高砂の補強選手として都市対抗本選へ出場しました。

大阪ガスの選手として出場した2年目の都市対抗大会では、5番としてシュアな打撃で安打を量産。
5試合で21打数11安打打率5割2分4厘の高打率を残し、チームの初優勝に貢献しています。
個人でもMVPにあたる橋戸賞と、首位打者賞を受賞しました。

 

○プレースタイル
170cmと小柄ながら、俊足巧打の外野手です。
思い切りの良いスイングスイングで持ち味で、甘い球を逃さずスタンドまで運ぶパワーもあります。

50m5秒8と足も速く、大学時代にはリーグ1位の盗塁数を記録したことがあるほか、2018年の都市対抗野球でも、大会記録にあと1つと迫る4つの盗塁を決めています。

目標とする選手は同じ左打ちの強打者・メジャリーガーのブライス・ハーパー選手で、ユーチューブ映像を見て、手本にしているそうです。

 

○スカウトの評価
福岡ソフトバンクの稲峰スカウト
「ボールにコンタクトする能力がすごい」

 

○結婚
気になる近本選手のプライベートですが、今春(2018)に、中学時代に同級生だった未夢(みゆ)さんと10年の交際を経て、結婚しています。
10年は長いですね!
社会人になってからの絶好調の裏には、未夢さんの献身があるのかもしれませんね。

未夢さんのためにも大学時代には、果たせなかったプロ入りの夢を今年こそ叶えてほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人