田中幹也(東海大菅生)ドラフト候補の父兄や中学は?守備がすごい!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

東海大菅生のショートを守る田中幹也選手。
俊足好守が魅力で、昨夏の甲子園ではファインプレーを連発し、観客を沸かしました。
「忍者」と称される華麗な守備は、今年も甲子園で見られるのでしょうか?

 


名前:田中幹也(たなか みきや)
生年月日:2000年11月28日
出身:神奈川県
身長:167cm
体重:62kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート
家族:両親と姉
経歴:愛川町立愛川東中学校→東海大菅生高校

 

父が野球をやっていた影響で、小学2年生から「中津リバース」で軟式野球を始めました。
現在守っているショートを始めたのは、小学5年生からです。

中学時代は「相模原リトルシニア」でプレー。

 

〇東海大菅生
東海大菅生若林監督に声をかけられたことがきっかけで、東京にある同校に進学します。

高校では1年夏からベンチ入り。

2年夏の西東京大会では、全6試合1番・ショートでスタメン出場しています。
打率.500(20打数10安打)5盗塁と活躍し、17年ぶり夏の大会優勝に貢献しました。
続く夏の甲子園でも、4試合16打数8安打 打率.500と大活躍し、ベスト4進出を果たしています。

田中選手の攻守に渡る素早い動きに、誰が付けたのかわかりませんが、いつのまにか「忍者」というニックネームが付けられました。

2年秋の新チームからは、キャプテンに就任しています。
しかし、責任感が強すぎる性格のため、監督が、
「潰れるかもしれない」
と考え、現在はキャプテンを交代しているそうです。

2年秋の秋季東京都大会では、初戦で、夏の東東京代表だった二松学舎大付と当たる不運もあり、一次予選敗退に終わりました。

 

○プレースタイル
一番のセールスポイントは、やはり守備です。
動き出しが速く、スピーディーな身のこなし、グラブさばきはもちろんのこと、何よりすばらしいのはポジショニングです。

田中選手本人も、守備で意識していることと言う質問に対し、
「ポジショニングです。大胆に動かないとヒットになるようなボールは捕れないと思っています」
と答えています。

言うのは簡単ですが、大胆なポジショニングをとることは難しいですよね。
決断と責任が伴いますから。
それを高校生でやってのける田中選手は凄いですね。

遠投は90mほどと、甲子園球児としては平均的ですが、田中選手は「遠投と送球は全然違う」と断言しています。
下半身を使ったリズムよく投げるスローイングで、きわどいあたりをアウトにします。

東海大菅生の若林弘泰監督は田中選手の守備について
「僕が菅生の監督になって、鈴木昂平(オリックス)、南要輔(楽天・育成)の2人のショートがプロ入りしていますけど、2人より格段に上手い」
と絶賛しています。

忍者と呼ばれるだけあって足も速く、50m5秒9
一塁到達タイム4秒18と、高校トップレベルです。

課題は打撃ですが、フォームをすり足から一本足に変えて、長打も増えてきています。

 

○家族
父・茂さんは、東海大相模の野球部出身で、キャプテンも務めたほどの実力者でした。
ポジションは、田中選手と同じショートで、田中選手は父から守備の基礎を学びました。

ちなみに東海大菅生の若林正泰監督は、茂さんの東海大相模の1年後輩にあたります。

また、兄について調べている人が多いようですが、兄については分かりませんでした。
家族は両親と姉という情報がありますので、その情報が正しければ、いないと思います。

 

東海大菅生のいる西東京は、センバツ出場の日大三野村大樹選手のいる早稲田実業もあり、激戦区です。
けど、田中選手の華麗な守備を、甲子園で見せてほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ