野球

松下壮悟(星槎国際湘南)ドラフト評価!出身中学や成績や特徴も!

星槎国際湘南高校のドラフト候補・松下壮悟選手。
1年生の春から4番を打つ強打者です。

星槎国際湘南からは昨年、本田仁海投手がオリックスに入団しており、本田投手に続いてのプロ入りが期待されています。

 


名前:松下壮悟(まつした そうご)
生年月日:2000年11月20日
出身:神奈川県伊勢原市
身長:180cm
体重:90kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ファースト
家族:両親、姉、兄
経歴:伊勢原市立成瀬小学校→伊勢原市立成瀬中学校→星槎国際高等学校湘南

 

松下選手は、小学2年生から外野手として野球を始めました。

中学時代は、「伊勢原シニア」でピッチャー兼ファースト。
中学3年の春には、関東大会にも出場を果たしています。

中学卒業後は、星槎国際高等学校湘南に進学しました。

 

○星槎国際湘南
星槎国際高等学校湘南は、通信制の学校です。
野球部は2010年に設立された比較的若いチームで、野球部専用の球場も今年(2018年)にできたばかりです。
昨年までは、校庭を他の部活と分け合ったり、球場を借りたりして、練習を行っていました。

しかし近年は、桐蔭学園の監督時代に10度も甲子園に出場している神奈川の誇る名将・土屋恵三郎さんを監督に招聘するなど、野球に力を入れてきている学校です。
昨年は、本田仁海投手が、ドラフト4位でオリックスに指名され、同校初のプロ野球選手となっています。

 

松下選手は、高校入学直後の1年春から4番を任されます。
1年夏の神奈川県大会では、全4試合に4番・ファーストで出場し、16打数10安打、打率.625、ホームラン2本というすばらしい成績を残しました。

その後も1学年上のエース・本田投手とともにチームを引っ張り、1年秋に神奈川県ベスト8、2年春に神奈川県ベスト4に入っています。

2年夏の神奈川県大会を5回戦敗退で終え、秋の新チームからはキャプテンに就任しました。

 

○プレースタイル
180cm90kgと恵まれた体格の左の強打者です。
3年春の時点で高校通算40本以上のホームランを打っています。

星槎国際湘南の土屋監督は、桐蔭学園監督時代には、高橋由伸(現巨人監督)や鈴木大地選手(ロッテ)、茂木栄五郎選手(楽天)をプロに送り出しています。
その土屋監督は、松下選手を評して
「長打だけではなくコンパクトにも打てる。ヒットの延長が長打というスタイルは由伸に似ている」
また、
「1球目から振り切る姿は由伸を思い出した。打率は由伸より上じゃないか」
と絶賛しています。

これまで多くの高校球児を見てきた土屋監督がここまで褒めるのですから、松下選手の打撃はプロでも通用しそうですね!

 

○スカウトの評価
オリックス・由田慎太郎スカウト
「遠くへ飛ばす力があるのが大きな魅力です。あとは、もうワンランク上のレベルの投手が出てきたときにどう対応できるかでしょう。ガッツもありそうだし、楽しみな素材です」

DeNA・稲嶺茂夫スカウト
「インサイドの捌(さば)きがうまい。パワーもあるし、広角に打てるので大砲として面白い存在。いい選手なので、今後の成長に期待して、夏の大会を見たいと思います」

 

松下選手は、普段から強打者の映像を見て研究をしていて、最近ではDeNAの筒香嘉智選手の動画がお気に入りです。
「目標にしている選手。あんなふうにライナーの打球を飛ばしたい」
と同じ左のホームランバッターに憧れのまなざしを向けています。

松下選手がプロ志望かどうかは不明ですが、まずは、激戦区・神奈川を勝ち抜いて、甲子園に出場してほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人