野球

北神奈川県大会2018(高校野球)日程や注目選手!展望や組み合わせも!

【2018年】高校野球夏の北神奈川県大会

今年は、第100回大会を記念して、神奈川県は南北に分かれて優勝が争われ、2校が甲子園に出場します!

また、7月8日(日)の開会式の始球式には、東海大相模出身で巨人元監督の原辰徳氏と、日大藤沢出身で元中日の山本昌氏が登場。
山本氏が投げ、原氏が打席に立ちます。
■南神奈川大会については→こちら

 

〇日程
2018年7月8日(日) 開会式
2018年7月11日(水)~7月28日(土)
トーナメント表→こちら

 

〇過去1年の結果
・2017年代表校 横浜高校
・秋の県大会優勝校 東海大相模
・春の県大会優勝校 横浜高校

 

〇展望
・本命 東海大相模
・対抗 慶應
・穴 桐光学園

春のセンバツベスト4東海大相模と、同じくセンバツに出場した慶應の2校が強力。

東海大相模は、プロ注目のスラッガー・森下翔太選手を始め、小松勇輝選手、斎藤礼二投など、高校トップレベルの選手がそろっています。

慶應も、140km/hのサウスポー・生井惇己投手を中心に投手力が高く、隙のない野球をします。

その他の優勝候補としては、春の神奈川大会で東海大相模と慶應を破り、準優勝になった桐光学園
桐光学園は、「松井2世」との異名を持つ左腕・冨田冬馬投手と、谷村然投手の2年生コンビがどこまでやれるかが鍵になりそうです。

 

〇注目選手
◎森下 翔太(東海大相模)
3年生
180cm74kg
右投げ右打ち
外野手
寸評:高校通算ホームラン40本以上の強打者
■詳しくはこちら→森下翔太(東海大相模)のドラフト評価!兄がいる?出身中学はどこ?

・斎藤 礼二(東海大相模)
3年生
175cm68kg
右投げ左打ち
投手
■詳しくはこちら→斎藤礼二(東海大相模)の中学や球種球速や怪我は?日本代表も経験!

・小松 勇輝(東海大相模)
3年生
170cm65kg
右投げ左打ち
ショート
寸評:1年生からレギュラーの名手。
■詳しくはこちら→小松勇輝(東海大相模)身長や出身中学は?ドラフト候補の特徴も!

・生井 惇己(慶應義塾)
3年生
175cm68kg
左投げ左打ち
投手
寸評:最速145kmk/hのサウスポー。
■詳しくはこちら→生井惇己(慶應義塾)ドラフト候補の球速や球種!進路や中学は?

・冨田冬馬(桐光学園)
2年生
171cm67kg
左投げ左打ち
寸評:松井裕樹2世。松井投手に憧れ桐光学園に入学。

・谷村 然(桐光学園)
2年生
178cm79kg
右投げ右打ち
投手
寸評:サイドスローの技巧派。冨田投手とともにチームを支える。

◎諸隈 惟大(東海大相模)
1年生
175cm68kg
左投げ左打ち
投手
寸評:中学日本一&MVP

◎西川 僚祐(東海大相模)
1年生
185cm95kg
右投げ右打ち
外野手
寸評:清宮選手レベルといわれる大型スラッガー

・山村 崇嘉(東海大相模)
1年生
178cm83kg
右投げ左打ち
内野手
寸評:U-15日本代表

・加藤 響(東海大相模)
1年生
180cm70kg
右投げ右打ち
内野手
寸評:まだ粗さは残るが、パワフルな大型ショート

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人