野球

佐々木朗希(大船渡)の中学や読み方は?2019ドラフト候補は大谷2世!

現在、怪我で試合に出られていませんが、メジャーで二刀流に挑戦中の大谷翔平選手
その大谷投手を生んだ岩手から、また怪物級のピッチャーが現れました!

それが、大船渡高校佐々木朗希投手です。
高校2年の秋の時点で、すでに最速157km/hを記録しています。

左投手で日本最速の西武・菊池雄星投手も岩手出身ですし、岩手すごすぎですね。

 


名前:佐々木 朗希(ささき ろうき)
生年月日:2001年11月3日
出身:岩手県陸前高田市
身長:189cm
体重:81kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:母、兄、弟
経歴:陸前高田市立高田小学校→大船渡市立猪川小学校→大船渡市立第一中学校→岩手県立大船渡高校

 

○東日本大震災
佐々木投手は、小学3年生から野球を始めました。

9歳の時に東日本大震災が起こり、佐々木投手も自宅を流されるなどの被害を受けています。
そのため、それまで住んでいた陸前高田市から大船渡市に移り住み、野球を続けました。

中学時代は、軟式野球部でプレー。
中学の時点で141km/hを出しており、3年夏には、オール気仙としてKB東北大会に出場し、準優勝を達成しました。

 

〇大船渡高校
高校進学の際には、全国の強豪校から誘いを受けますが、
「中学の野球が楽しくて。その仲間と一緒に甲子園に行きたい」
と、地元の県立大船渡高校に進学します。

大船渡高校は、過去には、1984年のセンバツでベスト4に入った実績はありますが、近年は、県大会の1、2回戦で敗退することが多いレベルの高校ですね。

高校では、1年夏から公式戦に出場
1年生の間は、体重が71kgとまだ線が細く、体が出来ていないため、リリーフとして短いイニングに限定された起用でした。
夏の岩手県2回戦・盛岡北高戦では3番手として登板し、自己最速の147kmk/hをマークし、1回1/3を3奪三振、無失点に抑えています。

1年秋から冬にかけては成長痛に悩まされ、
「腰に痛みがあって、立っていても痛かった」
と、1日5度の食事軽いストレッチや体幹トレだけしかできませんでした。

それでも、2年生の春の岩手県大会で、公式戦初先発を果たすと、自己最速を更新する153km/hを記録。
さらに同年夏の県大会初戦には、154km/hに更新。

そして秋には、2年生史上最速タイとされる157km/hをマークしました。

 

○大谷2世
すでに、「大谷2世」と呼ばれることも多い佐々木投手は、投げるだけでなく、野手としても素晴らしく、投げない日は外野手としてプレーすることがある、二刀流プレーヤーでもあります。

50メートル5秒9の俊足で、打順は一番を任されることが多いです。
そして、出塁すると積極的に盗塁も決めています。

同じ二刀流でも、ホームランバッターだった大谷選手とはタイプは違いますね。

 

○スカウト評価
■DeNA・武居スカウト
「この秋のドラフトにかけても、上位指名は間違いない」18/9/24
「球が速くて腕の振りがいい。今秋ドラフトなら間違いなく上位候補」

■阪神・葛西スカウト
「将来は160キロ出そう。もっともっと良くなる素質を持っている」18/9/20
「今年のドラフトでも1位になれるぐらいの素材。2年生で154キロが出るんだから、伸びしろはいっぱいある。フォームが安定すれば、もっとスピードは出る。大谷、菊池レベルの近くまで来ている」18/7/11

■楽天・宮越スカウト
「まだ体ができていないのにこの球。伸びしろがある」18/9/17
「来年は横浜の左腕、及川(雅貴)と双璧になる」18/7/11
「今年でもドラフト1位候補。身体能力は高いし、球もまだ速くなる」

■広島・近藤スカウト
「同じ時期の大谷(現エンゼルス)より速い」18/9/17
「大谷の2年生の時は、これぐらい投げていた。このままケガをしないで投げられれば、大谷2世と言えるぐらいのインパクトはある」18/7/11

■ソフトバンク・作山スカウト
「この時期にこれだけ投げられるだけですごい。(素材は)文句なし」18/9/17

■オリックス・上村スカウト
「夏より状態はいいかもしれない。ひと冬越えてどのくらいになるか楽しみ」18/9/17

■ロッテ・井辺スカウト
「(カウント)3ボールからスライダーでストライクが取れる。今の時期の高校生ではなかなかいない」18/9/17

■ヤクルト・斉藤スカウト
「初めて生で見たが、ここまでいいとは。想像以上。160キロも時間の問題」18/9/17

■中日・山本スカウト
「今年でも“競合ドラ1”の力」18/9/17

 

○まとめ
佐々木投手は
「3年になったら160 km/hオーバーを投げられるのを目標にする」
と言っています。
大谷翔平投手の高校2年生時の最速は152km/hでした。
今のところ佐々木投手は、大谷投手を上回るペースで成長していますね。

再び本当に、160km/hを投げる高校生が誕生するのでしょうか?
佐々木投手の今後がとても楽しみです。
怪我にだけは気を付けて、成長を続けて行ってほしいですね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)