大学野球

米満凪(奈良学園大)ドラフト候補の兄や中学は?敦賀気比の成績も!

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

奈良学園大学のドラフト候補・米満凪選手。
奈良学園大学では昨年、宮本丈選手(ヤクルト6位)、村上海斗選手(巨人7位)と、二人もプロ入りを果たしました。
俊足巧打の内野手の米満選手も、先輩二人に続いてのプロ入りが期待されています。

 


名前:米満 凪(よねみつ なぎ)
出身:大阪府堺市
身長:171cm
体重:67kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:内野手
経歴:堺市立日置荘西小学校→堺市立日置荘中学校→敦賀気比高校→奈良学園大学

 

米満選手は、小学生時代に硬式野球を始めました。
中学時代は、ボーイズリーグの「八尾フレンド」でプレーしています。
「八尾フレンド」は、元巨人の桑田真澄投手など、多くのプロ野球選手を輩出している名門チームですね。

 

〇敦賀気比
高校は福井県の敦賀気比高校に進学。
1年時からベンチ入りします。

2年春のセンバツ3年夏の選手権大会と、2度も甲子園に出場しました。
しかし、高校時代はレギュラーではなく、背番号16の内野の控えでした。
それでも、3年夏の盛岡大付戦では「9番・セカンド」でスタメン出場し、3打数2安打1打点、四死球2、盗塁2と活躍。
チームのベスト4入りに貢献しています。

 

〇奈良学園
高校卒業後は、奈良学園大学に進学。
1年生の春リーグからファーストのレギュラーを獲得し、打率.344、打点4、盗塁13と活躍しています。

その後もレギュラーとして活躍を続け、2年春には、ファーストでベストナインのタイトルを初受賞しました。

米満選手が大学3年生の時に、1学年上の宮本丈選手がヤクルト6位、村上海斗選手が巨人7位で指名を受けます。
会見場でその瞬間を目の当たりにした米満選手は、
「プロに行きたいという気持ちが強くなった」
と、直後の酒井真二監督との面談で、プロを目指したいと直訴しました。
そして、
「実力の面で未熟なのは分かっている。練習を人よりしないと」
と意識が変わり、毎日のように終電間際まで残って自主練習を行なっています。

冬は肉体改造にも取り組み、体脂肪率は15%から10%に、腕や足は二回りも大きくなりました。

4年春のリーグからは、宮本選手が抜けたショートを守り、3季ぶりの優勝に貢献。
個人としても、打率.406、盗塁10の好成績で、MVP、首位打者、ベストナインを獲得しました。

 

○全国大会で1試合4盗塁
4年生春の大学野球選手権に出場した時に、大会最多タイ記録の1試合4盗塁を記録しています。
チームは敗れたものの、その試合で、ホームランも打っていて、プロ入りへ大きなアピールとなりました。

 

○プレースタイル
170cmと小柄ながらも、遠投110m、50m5秒8と身体能力の高い内野手です。
盗塁も得意で、大学ではリーグ通算53試合で41盗塁を記録しています。

高校時代は、キャッチャー以外全てのポジションを経験。
大学に入学してからもライト、センター、ファースト、セカンド、ショートとしてプレーしたことがあるユーティリティーな選手です。

 

○兄もドラフト候補
一つ上のお兄さんは、東海理化に所属している米満一聖選手です。
来年のドラフト候補にも挙げられています。

現在は外野手ですが、敦賀気比高校時代にはサードのレギュラーとして、兄弟で甲子園にも出場しました。
また、駒澤大学時代はキャプテンも務めており、リーダーシップにも優れた選手です。

 

足も速い上に、内外野守れる米満凪選手は、チームに一人いたら重宝するタイプの選手です。
ぜひ、大学の先輩二人に続いて、プロ入りの夢を叶えてほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人