社会人野球

高橋拓巳(日本生命)ドラフト候補の評価は?出身中学や高校大学も!

日本生命高橋拓巳投手。
現在、プロからの評価が急上昇中リリーフタイプサウスポーです。

桐蔭横浜大学時代は、齋藤友貴哉投手(現・Honda)と2本柱として活躍。
大学4年の春リーグでは、優勝し、全国大会出場も経験しています。
■齋藤投手についてはこちらを→齋藤友貴哉(Honda)ドラフト候補の球種や球速は?指名漏れも経験!

今後、さらに注目が集まること間違いなし。
そこで、情報をまとめました。

 


名前:高橋拓巳(たかはし たくみ)
生年月日:1994年6月20日
出身:群馬県沼田市
身長:175cm
体重:73kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:沼田市立利根東小学校→沼田市立利根中学校→前橋育英高校→桐蔭横浜大学→日本生命

 

高橋投手は、小学4年生から「利根ジュニア」で軟式野球を始めました。
2学年下には、西武・高橋光成投手がいて、小学校から高校まで同じチームでプレーしています。

中学時代は、学校の軟式野球部でプレーしていました。

 

〇前橋育英
高校は、前橋育英高校に進学します。

1年時から控え投手としてベンチ入りしました。
1年秋の群馬県大会で優勝
続く関東大会でもベスト8に入り、翌年のセンバツ大会にも出場しています。
2年春のセンバツでは、初戦で、高城俊人(DeNA) 、三好匠(楽天)らのいた九州国際大付と対戦。
高橋投手は先発を任されますが、2回4失点でKOされ、チームも1対7で敗れてしましました。

3年春からエースとして、チームを引っ張ります。
しかし、夏の群馬県大会では、準決勝で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

 

〇桐蔭横浜大学
高校卒業後は、桐蔭横浜大学に進学。

1年秋からリーグ戦に登板しています。
2年春のリーグ戦からは、先発1番手として、チームを引っ張りました。

大学4年間で通算21勝8敗、防御率1.63とすばらしい成績を残しています。
ベストナイン2度最優秀投手1度受賞しています。

 

○社会人へ
大学卒業時にプロ志望届を提出しますが、残念ながら、指名漏れに終わりました。
もっともこのプロ志望は「ドラフト3位以下ならば社会人の日本生命入り」という条件付きのものでした。

大学時代の実績を考えると、おそらく下位指名OKならば、指名はあったでしょうね。

日本生命では、1年目から主にリリーフとして登板。
11月の日本選手権では準優勝に貢献し、個人でも敢闘賞を受賞しています。

 

○プレースタイル
最速148km/hサウスポーです。
変化球は、スライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ
「リリーフの方が自分には合っている。肩をつくってすぐに行く方が試合でしっかり投げられる」
と本人が言うように、リリーフタイプのピッチャーです。

 

○スカウトの評価
ロッテ・下敷領悠太スカウト
「真っすぐの質がいいし、球威も去年より上がっている」
オリックス・内匠政博スカウト
「初登板の緊張を考えれば上々かな。真っすぐで空振りが取れているのはいい」
アストロズ・大慈弥環太平洋スカウト部長
「メジャーで投げた高橋(尚成)のようなコントロールのよさが持ち味。最速は146キロでも切れがある」

 

今秋のドラフトでは、即戦力の左のリリーフが欲しいチームが、真っ先に指名してくるのではないでしょうか。
大学時代のチームメイトの齋藤友貴哉投手とともに、今度こそプロ入りなるといいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人