イニエスタの移籍先は神戸?年俸は?退団理由や移籍金も!ワイン通!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

スペインのサッカーチームFCバルセロナを退団するアンドレス・イニエスタ選手が、J1チームのヴィッセル神戸に入団することが発表されました!

イニエスタ選手といえば、12歳でバルセロナの下部組織に入団して以来、22年間もの間、バルセロナ一筋でプレーし、何度もチャンピオンズリーグ制覇や世界一に貢献してきました。
また、スペイン代表でも長年プレーし、2010年の南アフリカワールドカップでは、優勝を決めるゴールを挙げています。

ポドルスキー選手に続き、世界トップクラスの選手のヴィッセル神戸への加入!!
これは ビックニュースですね♪

このビックニュースにツイッターは大盛り上がり!!
イニエスタ移籍の衝撃をわかりやすくたとえるハッシュタグ「#イニエスタの神戸移籍を分りやすく例えると」が流行しています。

投稿には、
「ホリプロにジャスティン・ビーバー」
「月9の主役にハリソン・フォード」
「運動会の保護者競技のリレーにウサインボルト」
「仮面ライダーの映画に暴れん坊将軍」
「小学校の家庭科の授業に川越シェフが乱入」
「グリフィンドールにマルフォイ」
などが並んでいるようです!

名前:アンドレス・イニエスタ
生年月日:1984年5月11日
出身:スペイン・フエンテアルビージャ
身長:171cm
体重:68kg
ポジション:MF
経歴:アルバセテ・バロンピエ(ユース)→バルセロナ B→バルセロナ→?

 

○プレースタイル
イニエスタ選手は、華麗なテクニック、創造性豊かなパス、ボールコントロールはもちろん、洞察力やプレーの流れを読む能力にも優れている選手です。
バルサ育成部門に所属するアルベルト・ベナイジェスいわく
「彼はサッカー選手に必要なセンスの全てを兼ね備えている。特に優れているのは考えるスピード。また、ドリブルしながら相手をかわすことにかけては世界一だと思う。」

また、謙虚で誰からも好かれるキャラクターで、ヨーロッパでは最も愛されている選手の一人と言われています。
性格的にも日本でやっていけそうですね。

○退団理由は?
イエニスタ選手は退団理由をこう語っています。

「フィジカルのレベル、メンタルのレベルでこのチームに値するものを与えるのが難しくなってきた。すべての面でね。すごく心が痛むけど、このクラブが要求することを理解しているつもりだ。クラブにとって、僕にとって、最も誠実な決断だ」

「僕はこのクラブで、居心地の悪い状況に置かれたくない。時間は僕の敵になる。このクラブの要求するものを与えられなくなった。永遠に続けばいいと思っていたよ。でも、クラブに対しても、自分に対しても、嘘はつきたくないんだ」

34歳になったイニエスタ選手は、最近怪我に悩まされ先発出場出来なかったり、ベストパフォーマンスが発揮出来なかったりしていたので、バルサのユニフォームに袖を通しているのが我慢できなくなったのでしょうね。

 

○年俸
イニエスタ選手のバルセルナでの年俸は800万ユーロ(約10億8000万)とみられ、神戸も最低でも現年俸を超える金額は提示しているとされています。
これまでのJリーグでの最高年俸は、現在神戸でプレーしているルーカス・ポドルスキ選手の6億4000万円(推定)ですから、もし、イニエスタ選手が神戸に加入したら、この記録を越えるのは間違いないでしょうね。
ヴィッセル神戸(実質、三木谷浩史さん) 凄すぎですね!お金持ってますね。
ちなみにバルサ時代の年俸推移はこちら!!

2002年(18歳)5000万円
2003年(19歳)1億円
2004年(20歳)1億円
2005年(21歳)3億円
2006年(22歳)6億円
2007年(23歳)6億円
2008年(24歳)6億円
2009年(25歳)6億円
2010年(26歳)9億円
2011年(27歳)9億円
2012年(28歳)9億円
2013年(29歳)9億円
2014年(30歳)9億円
2015年(31歳)9億円
2016年(32歳)9億2000万円
2017年(33歳)10億4000万円
2018年(34歳)11億円
もうここまで稼いだらお金はいらないんじゃないかと思っちゃいます。。

○移籍金は?
年俸と同時に気になる移籍金ですが、まだ発表されていません。
こちらも徐々に分かってくるかと思いますが、以前、中国の天津権健が、イニエスタ選手に年俸3500万ユーロ(約46億円)の2年契約という驚異的な金額のオファーを出したという報道がありまし。
ほぼ1週間に1億円近い報酬を2年間にわたって受け取るという強烈なものでしたが、もちろんこんなに高額にはならないとしても、かなり莫大な額になったことでしょう!!

○ワイン通
イニエスタ選手は、ワイン好きとしても有名です。
故郷の村でも、ブドウ農園やワイナリーやレストランを経営しています。
個人でブドウ農園やワイナリーまで所有しているとは、さすが、ワールドクラスの選手はスケールが大きいですね。
日本産にもいいワインがたくさんあるので、ぜひ飲んでもらいたいものです。

ちなみにイニエスタ選手のワイナリー「ボデガ・イニエスタ」(「Bodega」はスペイン語で酒蔵、ワイナリーの意)で作っているワインは、日本でも楽天やAmazonなどで購入可能!

値段もお手頃なので、一度飲んでみてはいかがでしょうか?

○楽天とバルセロナ
神戸の親会社である楽天は、2016年からバルセロナと「グローバルメインパートナー」契約を結んでいます。
現在のバルセロナのユニホームの胸には「RAKUTEN」の文字が書かれていますよね。

イニエスタの日本でのデビュー戦が待ち遠しいですが、ロシアW杯もありますので、その後ということになりそうですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ