蛭間拓哉(浦和学院)ドラフト候補の出身中学や性格は?身長や成績も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

浦和学院ドラフト候補蛭間拓哉選手。
名門・浦和学院で、1年生の時から4番を打つ強打者です。
甲子園には出場したことが無いので、全国的な知名度はまだまだかもしれませんが、実力は本物!
注目の選手なんです。

 


名前:蛭間拓哉(ひるま たくや)
生年月日:2000年9月8日
出身:群馬県桐生市
身長:176cm
体重:78kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:外野手
家族:父、母、姉2人
経歴:桐生市立相生小学校→桐生市立相生中学校→浦和学院

 

蛭間選手は、小学3年生から「相生小野球クラブ」で軟式野球を始めました。
小学6年生の時には、セレクションに合格し、西武ライオンズジュニア入りも経験しています。

中学時代は「前橋桜ボーイズ」でプレー。
投手兼外野として活躍し、関東大会優勝を果たしています。

中学3年生の時には県内外の多くの高校から勧誘を受けました。
その中から
「厳しい環境の中で高いレベルでやりたかった」
と埼玉県にある浦和学院を選び、進学しています。

 

〇浦和学院
高校では、1年春の埼玉県大会からベンチ入り。
準決勝の上尾高校戦で初スタメンを経験。
2打点と結果を残すと、決勝の花咲徳栄戦では、4番打者を任されます。
蛭間選手は、決勝でもタイムリーヒットを打って、優勝に貢献しました。

その後も、主に4番・ライトとして試合に出場。
2年夏の埼玉県大会では、ホームラン4本、打点13と大活躍をし、決勝進出を果たします。
しかし、決勝で、その年甲子園を制した花咲徳栄の前に敗れてしまいました。

2年秋の新チームからはキャプテンにも就任。
同年秋の埼玉県大会はベスト8に終わります。

3年春の埼玉県大会では、決勝で花咲徳栄を破り優勝
決勝では、9回同点となるホームランを打っています。

蛭間選手のチームメイトには、プロ注目の好投手・佐野涼弥投手がいます。

 

○プレースタイル
174cm82kgと、がっちりした体形の左の強打者です。
高校に入ってから、1日500グラムのどんぶり飯を6杯食べて、たくましい肉体を作り上げました。

また、中学時代にピッチャーをやっていただけあり、肩も強く、外野からの送球もセールスポイントのひとつです。

 

〇性格
とても明るい性格なようです。
アーティスト・BIGBANGの曲「FANTASTIC BABY」に合わせて、自分で考えたダンスで周りを笑わせることもあるそうです。
キャプテンでありながらムードメーカーでもあるんですね。

 

〇目標
蛭間選手の高校での目標は「甲子園出場」「U18日本代表選手」
埼玉県は全国屈指の激戦区で、ライバルには、昨年日本一になった花咲徳栄もいます。
ぜひ、埼玉県を制して、甲子園に出場してほしいですね。
そうなれば、蛭間選手の実力ならば、自ずと「U18日本代表」に選ばれるという目標もかなうことになると思います。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ