高校野球

鈴木裕太(日本文理)ドラフト候補の中学や球速球種は?秘密は四股?

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、プロ志望提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

日本文理高校鈴木裕太投手。
3年春の新潟県大会では、自身最速となる150km/hを記録するなど、今伸び盛りのピッチャーです。

中学時代から注目を集めており、昨夏は甲子園にも出場し、登板を果たしました。
最終学年の今年は、新潟県初の日本一を目指します。

 

名前:鈴木裕太(すずき ゆうた)
生年月日:2000年8月2日
出身:新潟県新潟市
身長:182cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:新潟市立小針中学校→日本文理高校

 

鈴木投手は、4歳上の兄が野球をやっていた影響で、小学2年生から軟式野球を始めました。
最初のポジションはサードで、小学校高学年から、外野手と兼任でピッチャーを始めています。

 

○四股ふみで球速アップ
中学時代は、「新潟シニア」でプレー。

中学2年から3年にかけての冬に、シニアの監督の知り合いに元力士の方がいたこともあり、「四股ふみ」を練習メニューに取り入れ、下半身を重点的に鍛えました。
すると、それまで最速130km/hだったストレートが、140km/h台までにアップ!
中学3年生の夏にシニア全国大会に出場すると、歴代最速記録となる142km/hをマークしました。

高校進学の際には、全国の多くの高校からスカウトを受けています。
しかし、
「地元で野球して、新潟県から日本一を経験したい」
と地元の日本文理高校へ進学しました。

 

〇日本文理
高校では、1年春から控えとしてベンチ入り。
1年夏の新潟県大会では不調のためベンチ外になりますが、秋から再びベンチ入りしました。
その秋の県大会では、リリーフで5試合に登板し、優勝に貢献しています。
続く北信越大会でもベスト4に入りますが、残念ながらセンバツ出場校には選ばれませんでした。

2年春の県大会、北信越大会は肘痛のため登板できず。
2年夏の県大会から復帰すると、控え投手ながら優勝を経験。
甲子園では、背番号18ながら、1回戦・鳴門渦潮戦の先発に抜擢されます。

しかし、初回を3者凡退に抑えたところで、球審からサインを見ながら投球動作に入る癖を注意され、
「気になってしまった。切り替えられなかった」
と、そこから調子を崩し、2回0/3で降板するという悔しい想いをしました。

2年秋からの新チームでは、2番手投手兼レフトで、打順は4番を任されます。
新潟県大会を制し、北信越大会に出場。
鈴木投手は、1回戦の福井工大福井戦で右足首を捻挫し、準々決勝は欠場。
チームも日本航空石川に敗れ、ベスト8に終わりました。

 

○プレースタイル
182cm84kgと恵まれた体格で、最速150km/hを投げる本格派ピッチャーです。
変化球はスライダー、スプリット、カーブなど。

また、バッティングも良く、投げないときでもレフトとして出場し、4番を任されています。

 

「夏の甲子園で日本一になりたい。100回記念の大会で新潟に初めて優勝旗を持ち帰りたいです。最後の夏、悔いを残さないように思いっきりやりたいです」
と高校入学当初から、変わらず「新潟県初の日本一」を目標にかかげている鈴木裕太投手。
ぜひ、日本一を達成して、プロの世界へ進んでいってほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人