野球

松田憲之朗(龍谷大平安)ドラフト候補の従兄は炭谷銀仁朗!中学も!

龍谷大平安のプロ注目の強打者・松田憲之朗選手。
チームでは4番を任され、ショートを守り、キャプテンも務めています。
甲子園通算100勝を目指す龍谷大平安にとっては、松田選手の活躍が鍵になるはずです!

 


名前:松田憲之朗(まつだ けんしろう)
出身:京都府京都市
身長:181cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ショート
経歴:京都市立醍醐小学校→京都市立醍醐中学校→龍谷大平安高校

 

従兄弟と兄が野球をやっていた影響で、幼稚園の年長から野球を始めました。

小学生からは、「醍醐OUクラブ」に入団。
最初は外野としてプレーしていましたが、後からショートに転向します。

中学時代は、「京都洛北ボーイズ」でプレー。
ポジションはショート兼キャッチャーでした。

本人いわく、チームはそれほど強いチームではなかったそうですが、中学3年生の「全国ボーイズリーグ選抜岐阜大会」で、チームとして初めての準優勝に輝きました。
松田選手はその大会で、6試合で4本のホームランを打っています。

 

〇龍谷大平安
高校は、龍谷大平安高校に進学。

1年秋からサードでレギュラーを獲得しています。
打順も1年生ながら4番を任されることもありました。

2年夏の京都府大会では、全試合に5番・サードで出場。
6試合で打率.368、ホームラン1、打点5と活躍しますが、決勝で、京都成章に6対12で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

2年秋の新チームからは、キャプテンに就任するとともに、ポジションもショートに転向します。
秋の京都府大会は、京都翔英に5対6で敗れてベスト8

同年12月には、京都選抜の一員としてオーストラリア遠征に参加し、初めて使う木製バット18打数10安打、ホームラン4本、打点22と大活躍しました。

 

○プレースタイル
強打が売りのプロ注目ショートです。
積極性のあるバッティングが魅力で、甘い球を見逃さず長打を放ちます。

50m6.4、遠投100m。

 

○兄と従兄弟
8歳上の兄・龍篤さんも、龍谷大平安でキャプテンを務めていました。
龍篤さんも強打者として名前が知られていて、高校卒業後は、東京情報大学で野球を続けていました。

また、松田選手の従兄弟は、埼玉西武ライオンズ・炭谷銀仁朗選手です。
炭谷選手も龍谷大平安の出身ですね。

松田選手は、この二人の影響で野球を始め、龍谷大平安に進学しています。

 

○憧れの選手
炭谷選手を従兄弟に持つ松田選手ですが、憧れの選手は、西武ライオンズの強打者・中村剛也選手だそうです。
松田選手は
「中村選手は軽く振っているイメージで、力まずにあれだけ飛ばせるのは凄い技術だなと思う」
と、それを真似しようとしています。

炭谷選手も、高校時代は強打者として有名だったんですけどね…。

 

○スカウトの評価
阪神・熊野輝光スカウト
「パワーがあるし、飛距離も出る。内野手で右打者は貴重な存在。うちの大山みたいなタイプかな」

 

龍谷大平安と言えば、今年4月に亡くなられた衣笠祥雄さんの出身校でもあります。
衣笠さんは亡くなる前、龍谷大平安の原田英彦監督に
「(2018年の)100回大会で100勝を期待している」
と言っていたそうです。

ぜひ、衣笠さんのためにも今年の夏の京都府大会を勝ち抜いて、甲子園で通算100勝を達成してほしいですね。
そのためには、松田選手の活躍が必要不可欠です。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人