太田光(大阪商業)ドラフト評価は?兄や出身中学高校や成績も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

大阪商業大学のドラフト候補・太田光選手。
キャッチャーの太田選手は、スカウトから「古田敦也クラス」と言われるほどの、実力のある選手です。

高校時代は甲子園にも出場経験があり、大学では1年春からレギュラーを獲得し、3年秋までの6シーズン中5シーズンで優勝に貢献しています。

どうでもいい情報としては、爆笑問題の太田光さんと同姓同名ですね。
ただ、爆笑問題の太田光さんは「おおた ひか」ですが、太田光選手は「おおた ひか」で、名前の読みが違います。
プロにはいったら、野球好きで有名な爆笑問題の相方・田中裕二さんが話題にしそうな名前ですね。

 


名前:太田 光(おおた ひかる)
生年月日:1996年10月14日
出身:岡山県倉敷市
身長:177cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:倉敷市立連島東小学校→倉敷市立連島中学校→広陵高校→大阪商業大学

 

太田選手は、小学2年生から「西浦少年野球」で軟式野球を始めました。
最初は、セカンド、あるいはサードとしてプレーしていましたが、小学5年生からキャッチャーに転向しています。

中学では、「倉敷ドリームボーイズ」に所属していました。

 

〇広陵高校
高校は、広島県の広陵高校に進学。

2年夏からベンチ入りしています。
2年秋の新チームからはレギュラーを獲得するともにキャプテンにも就任。
また、打順も4番を任されていました。
キャッチャーキャプテン4番打者と、まさにチームの大黒柱という感じですね。

2年秋の広島県大会では、3位に入り、中国大会に出場。
中国大会ではベスト8にまで進んでいます。
さらに3年春にも中国大会に出場し、今度は優勝しました。

3年夏には、広島県大会で優勝し、初めて甲子園に出場します。
甲子園では、初戦の三重高校を相手に、延長11回までもつれる熱戦を演じますが、最後はサヨナラ負け喫していました。
4番・キャッチャーで出場した太田選手は、打つ方では6打数ノーヒットでしたが、守備では、2つの盗塁を刺しています。

高校卒業時には、プロ志望届は出さずに広陵・中井哲之監督の母校である大阪商業大学へと進学しました。

スポンサードリンク

○関西6大学リーグ初の1年春のMVPを受賞
大学では、入学してすぐにレギュラーを獲得。
1年春のリーグ戦では、優勝に貢献し、MVP&担当記者クラブ賞を受賞しています。
大学1年生が春のリーグ戦のMVPを受賞するというのは、関西6大学リーグ初めての快挙でした。

その後も、チームの中心選手として、大学3年生までの6シーズン、全ての試合でマスクをかぶり、5度のリーグ優勝に貢献しています。

 

○プレースタイル
遠投115メートル、二塁送球1.9秒前後の強肩の持ち主です。
キャッチングインサイドワークに定評があり、好リードで投手陣を支えます。

一方、打撃が課題と言われていましたが、3年秋のリーグ戦では打率3割6分1厘を記録し、成長著しいです。
また、大学4年生時には、高校の時に続いてキャプテンに就任。
100人以上いる部員をまとめあげています。

理想の捕手は、カージナルスヤディエル・モリーナ選手。

 

○兄
太田選手には、1歳年上の太田創選手がいます。
昨年まで明治大学でプレーされていましたが、卒業後は、野球を辞め「SMBC日興証券」で働かれているみたいです。

お兄さんも広陵高校出身ですので、太田選手が広陵高校へ進んだのは、お兄さんの存在が大きかったのではないでしょうか。

 

○スカウトの評価
中日・米村明スカウト
チームを勝たせる術を知っている、頭脳派。古田(元ヤクルト)クラスかな」

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ