鈴木彩隼(静岡産業大)兄は鈴木翔太!球速球種は?ドラフト注目!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

追記:プロ志望届が提出されました。
その他、提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

静岡産業大学ドラフト候補・鈴木彩隼投手。
名前は「彩隼」と書いて「あやと」と読みます。
お兄さんは、中日ドラゴンズの2013年ドラフト1位の鈴木翔太投手です。

弟の鈴木彩隼投手も、完全試合を達成するほどの実力派投手
注目ですね。

…ところで、私が知るだけで、この世代のピッチャーには完全試合経験者が6人います。
凄すぎる世代ですね。
その他の完全試合達成者についてはこちらを→ドラフト候補2018!大学・社会人の注目選手は?ドラ1予想は?

 


名前:鈴木彩隼(すずき あやと)
生年月日:1996年7月10日
出身:静岡県浜松市
身長:180cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と兄
経歴:浜松市立北浜北小学校→浜松市立北浜東部中学校→浜北西高等学校→静岡産業大学

 

鈴木投手は、小学1年生から「浜北スポーツジャイアンツで」軟式野球を始めました。

中学時代は「浜松シニア」に所属。
その頃はピッチャーではなく、主にショートとしてプレーしています。

 

〇浜北西高校
高校は、県立の浜北西高校に進学。
高校入学後も、野手(セカンド)としてプレーしていましたが、 1年秋から本格的にピッチャーを始めます。

2年秋の新チームからエースの座を獲得。
しかし、チームは公立の弱小高校で、3年夏の静岡県大会では、2回戦で韮山高校に4対7で敗れています。

鈴木投手の高校生の頃のストレートの最速は130km/hほどで、「中日・鈴木投手の弟」ということ以外では、注目されるような存在ではありませんでした。

スポンサードリンク

〇静岡産業大
高校卒業後は、静岡産業大学に進学。
1年春のリーグ戦から、リリーフで登板機会を得ています。

2年春のリーグ戦の途中で先発を任されるようになり、3勝1敗、防御率0.24という好成績を残し、徐々に頭角を現し始めました。

 

○完全試合
最初に注目をされたのは、2年春のリーグの常葉大浜松キャンパス戦です。
この試合で、三振9、内野ゴロ8、外野飛球10というすばらしい内容で完全試合を達成しました。

「中日・鈴木投手の弟」ではなく、「静岡産業大学のピッチャー鈴木」として認知されたきっかけとなった試合ですね。

翌3年春のリーグ戦でも5勝1敗、防御率0.23という成績を残し、ベストナインのタイトルを受賞しています。

 

○プレースタイル
ワインドアップから、右ヒジを柔らかく使った腕の振りで、伸びのあるボールを投げます。

大学で肉体改造に取り組み、体重が20kgアップしたことにより、高校時代130km/hだったストレートも、大学3年の秋には最速147km/hをマークするまでに成長しました。

変化球は、スライダー、カットボール、ナックルカーブ

 

○兄
1歳年上の兄が、中日で昨季5勝を挙げた鈴木翔太投手です。

以前は兄と比較されるのを好まず、兄とは別の高校に進学したり、投手ではなく、内野手としてのプレーすることを望んだりしていました。
しかし、現在では兄を目標として定め、努力を続けています。
鈴木彩隼投手も
「上を目指すからには結果にこだわっていきたいです」
というように、プロ入りを目指しています。

ぜひプロ入りしたら、兄・鈴木翔太投手と切磋琢磨して、球界を代表する兄弟ピッチャーになれるような活躍をしてもらいたいですね。

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ