高校野球

及川雅貴(横浜高校)ドラフト進路や中学や球速球種は?テレビ出演も!

名門・横浜高校2年生サウスポー・及川雅貴投手
中学時代から日本代表に選ばれるなど、「スーパー中学生」と呼ばれ注目を集めてきたピッチャーです。
中学で活躍していても、高校で伸び悩む選手もいますが、及川投手は順調に成長中。
今後が楽しみなピッチャーです。

名字は「おいかわ」ではなく「およかわ」と読みます。
チームでの愛称は「およよ」なんだそうです。
かわいらしいですね。


名前:及川雅貴(およかわ まさき)
生年月日:2001年4月18日
出身:千葉県匝瑳(そうさ)市
身長:183cm
体重:74kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
家族:両親と姉
経歴:匝瑳市立須賀小学校→匝瑳市立八日市場第二中学校→横浜高校

 

及川投手は、小学3年生から「須賀スポーツ少年団」で軟式野球を始めました。
その頃からピッチャーをやっていて、小学6年生の時には、セレクションに合格し「千葉ロッテジュニアチーム」入りも果たしています。

 

○スーパー中学生
中学時代は「匝瑳シニア」でプレー。

中学3年生の時に、すでに身長が181cmあり、最速138km/hのストレートを投げて、「スーパー中学生」と呼ばれて注目を集めていました。

3年生の時には、U-15日本代表に選出され、エースとして「第3回WBSC U-15ベースボールワールドカップ」準優勝に貢献しました。
個人でも最優秀防御率賞を受賞しています。

さらに、中学卒業間近の、2017年2月26日に放送されたテレビ番組「ビートたけしのスポーツ大将」に出演し、西武の秋山翔吾選手森友哉選手中日の平田良介と対戦しました。
平田選手からは、ストレートで空振り三振を奪い、
「普通にプロでいるピッチャー」
と言われていました。

スポンサードリンク

○横浜高校
高校進学時には、約30校もの全国の強豪校から誘いがありましたが、
「甲子園も行きたいが、何よりプロに行きたい」
と、多くのプロ野球選手を輩出している横浜高校に進学します。

高校では1年春から、控え投手としてベンチ入り
春の県大会決勝・東海大相模戦では、先発投手として公式戦初登板を果たしました。

1年夏の神奈川県大会では、2試合に登板し、優勝に貢献しています。
続く甲子園でも、初戦の秀岳館戦リリーフ登板
チームは敗れますが、及川投手は3回を1安打無失点に抑えました。

1年秋の神奈川県大会では、準々決勝の鎌倉学園戦で先発を任されますが、初回に満塁本塁打を浴びるなど、2回2/3で6失点してしまい、敗れてしまいました。

 

○プレースタイル
クセの少ないピッチングフォームから、最速152km/hのストレートを投げ込みます。
変化球は、縦と横のスライダー、カーブ、チェンジアップなど。
しかし、高校では
「いろんな球種をコントロールするのは大変ですし、リリースでなでるようなクセがついてしまうんです。まずはストレートの質を上げよう」
ということで、あえてストレートと横のスライダーの2種類のみしか投げていません。

                 
U-15日本代表の鹿取監督は及川投手に関して、
「(マウンドでは)動揺しない子。あがったりもしない。穏やかな子。自分のチームでは投げる時は先発完投、僕が打たれたら負けなんですって言っていた。責任感が強い子だなと思った」
と評しています。

 

○スカウトの評価
■ソフトバンク・荒金スカウト
「体も大きくなったし来年の有望株」
■ソフトバンク・永井智浩編成育成部長兼スカウト室長
「大型左腕であれだけボールを操れる。今すぐにでもとりたい」

■オリックス・古屋編成部副部長
「来年は高校生の三羽ガラス、いや四天王(大船渡・佐々木、横浜・及川、星稜・奥川、創志学園・西)になるのかな」

 

及川投手の最速「149km/h」は、2年春の県大会で記録したもので、高校在学中には150km/h越えてきそう。
サウスポーで150km/h越えるようになったら、来年のドラフトでは目玉になること間違いないでしょうね。
※追記 なんてことを書いていたら、2年6月の練習試合であっさり152km/hをマーク!凄すぎです!!!

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)