大学野球

伊藤優輔(中央大学)ドラフト候補の中学や高校は?球速球種も!

中央大学のドラフト候補・伊藤優輔投手。
高校時代は、「都立の星」と呼ばれ、21世紀枠で甲子園にも出場しました。

昨年は、不運なケガでほとんど登板できませんでしたが、大学ラストイヤーの今年は、昨年の分を取り戻すような活躍が期待されています。

 


名前:伊藤優輔(いとう ゆうすけ)
生年月日:1997年1月14日
出身:東京都荒川区
身長:179cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:荒川区立第三瑞光小学校→荒川区立尾久八幡中学校→都立小山台高校→中央大学

 

伊藤投手は、小学3年生から「青雲クラブ」で軟式野球を始めました。

中学時代は、「荒川ウェーブ」に所属。
中学生時代から、好投手として注目を集めており、3年の夏には都大会初優勝関東ベスト4を経験しています。

 

〇都立小山台高校
高校進学時には、都内の強豪私学からの誘いもありましたが、当時の伊藤投手には、甲子園に行きたいという気持ちは強くなく、
「都立で勉強もできて、そこそこ野球も強い高校だったから」
という理由で、甲子園出場経験のない都立小山台高校に進学しています。

高校では1年夏から、控え投手としてベンチ入り。
1年秋にはエースの座を獲得し、チームを引っ張ります。

2年の夏の東東京都大会では、日体荏原高校に1対2で敗れ、2回戦敗退。
2年秋の新チームからはキャプテンにも就任します。

秋の東京都大会では、全7試合に登板し、合計60回で62奪三振、防御率1.65と活躍。
堀越高校や早稲田実業などの強豪校を次々と破り、都ベスト8に進出しました。

 

○21世紀枠で甲子園出場
秋の活躍が認められ、翌春には「21世紀枠」で、都立高校としては初めてセンバツ出場校に選出されています。

センバツでは、初戦で履正社と対戦。
伊藤投手は8つの三振を奪いますが、四死球も10与え、0対11で敗れてしまいました。

この年の履正社はセンバツで準優勝するほどの強いチームです。
初出場の都立小山台にとっては、少し分が悪い相手でしたね。

再びの甲子園出場を目指した3年夏の東東京都大会でしたが、準々決勝で帝京に6回コールド0対10で敗れてしまいました。

スポンサードリンク

〇中央大学
伊藤投手は、高校時代から最速144km/h右腕として、プロ複数球団から注目されていましたが、プロ志望届を提出せず、中央大学に進学します。

大学では、1年春からリーグ戦にリリーフとして登板。
1年秋のリーグ戦からは、先発を任されるようになり、2勝0敗、防御率3.21という好成績を残しました。
しかし、2年春と秋のリーグ戦では、コントロール苦しみ、1勝7敗に終わっています。

 

○左ヒザ骨折
3年春のリーグ戦の亜細亜大学との試合で、左膝に打球を当て膝蓋(しつがい)骨骨折
そのため、3年秋のリーグ戦では登板できませんでした。

ほぼ1年間の公式戦に出場できませんでしたが、4年春のリーグ戦で復活。
エースとして、3連投できるまでに回復しています。

 

○プレースタイル
ノーワインドアップから最速149km/hのストレートを投げ込みます。
変化球は、スライダー、スプリット、カーブ

伊藤投手のフォームは、クセのない柔らかい腕の振りが特徴的ですが、これは、3歳から12歳までやっていた水泳によって、肩とヒジの柔軟性を培った成果です。

 

昨年まで、1学年上の鍬原拓也投手(現・巨人)と寮では同部屋で、さまざまなことを吸収したと言う伊藤投手。
大学最終学年の今年は、昨年怪我で投げられなかった分まで活躍して、プロ入りを果たしてほしいですね。

 

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学