プロ野球

高橋昂也(広島)新人王候補の球種球速は?登場曲は欅坂46?

高校時代は、「高校ビッグ4」と呼ばれ、注目を集めていた広島の高橋昂也投手。
リーグ連覇を果たしたとはいえ、左投手不足は最大のウィークポイントである広島にとって、貴重なサウスポーです。
最速152km/hのストレートを投げる高橋投手は、1軍での登板経験はなく、新人王の資格も残っています。
広島でローテーションに入って、投げ続ければ、自然と勝ち星も増え、新人王の有力候補になるのではないでしょうか。

 

名前:高橋昂也(たかはし こうや)
生年月日:1998年9月27日
出身:埼玉県久喜市
身長:181cm
体重:87kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
背番号:34
年俸:600万円
経歴:久喜市立栗橋小学校→久喜市立栗橋東中学校→花咲徳栄高校→広島東洋カープ

 

高橋投手は、漫画「MAJOR(メジャー)」の影響で、小学3年生から「栗橋ジャイアンツ」で軟式野球を始めました。
中学時代は「久喜シニア」に所属し、3年の春には関東大会出場を果たしています。

 

○花咲徳栄
高校は花咲徳栄高校に進学。
1年秋からベンチ入りしました。

2年春の埼玉県大会では「背番号10」ながら、実質エースとして全3試合で完投合計24回5失点の成績を残しています。
2年夏の埼玉県大会では、「背番号18」で全7試合に登板し、リリーフとして優勝に貢献
甲子園でもベスト8に入りました。

2年秋からは、名実ともにエースとして、埼玉県大会準優勝関東ベスト8
3年春センバツ大会にも出場しますが、1回戦の秀岳館戦で敗れています。

 

○37イニング無失点
3年夏に、37回を投げて1点も取られずに埼玉大会で優勝。
奪三振も52を記録しています。
全国でも激戦区に挙げられる埼玉県で、この記録はすごいですね。
しかも、5回戦の滑川総合戦では6回参考記録ながら、完全試合も達成しています。

夏の甲子園では3回戦で敗退しましたが、3試合で防御率1.57と好成績を残し、甲子園大会終了後は、高校日本代表にも選出。
「第11回 BFA U-18アジア選手権」に出場し、優勝に貢献ています。

スポンサードリンク

○高校ビッグ4
高校時代、履正社の寺島成輝投手(現・ヤクルト)、横浜高校の藤平尚真投手(現・楽天)、作新学院の今井達也投手(現・西武)とともに「高校ビッグ4」と呼ばれ、注目を集めていました。

ビッグ4の中では、藤平投手が高卒1年目から、3勝を挙げています。
今年は高橋投手が活躍する番ですね。

 

○プロ入り後
プロ入り1年目の2017年はウエスタン・リーグで7試合に登板し、2勝0敗、防御率1.29という成績を残しています。
ファーム日本選手権では、先発に抜擢され、6回を2失点に抑えて、広島2軍初の日本一に貢献し、優秀選手賞を受賞しました。

 

○プレースタイル
最速152km/hのストレートを投げるサウスポーです。
10代で150km/hを投げる左ピッチャーは魅力的ですね。
一昔前なら、もっと騒がれてもおかしくないはずなのに、160km/h投げる大谷投手のせいで、みなさん感覚がマヒしているのでしょうか?

その他、変化球はスライダー、フォークなどを投げます。

制球はそれほどいい方ではありませんが、球の力でバッターを打ち取っていくタイプです。

 

○欅坂46ファン
高橋投手が現在はまっているのが、アイドルグループ「欅坂46」
推しメンは平手友梨奈さんです。
1軍で登板する時の登場曲は、やっぱり「欅坂46」の曲!?
「サイレントマジョリティー」あたりでしょうか?

ただ、高校時代はたしか、NMB48の山本彩さんの大ファンだと言っていたはずなんですが、山本彩さんはどうしたんでしょうかね。

 

高卒2年目の高橋昂也投手がどこまで1軍で通用するか!?
注目して、応援していきたいですね。