野球

東妻純平(智弁和歌山)ドラフト候補2019の兄は東妻勇輔!出身中学は?

智弁和歌山で優勝のキーマンになるといわれているのが、3年生キャッチャーの東妻純平選手です。
東妻選手は、中学まではショートでしたが、高校からキャッチャーを始めて、早くもプロから注目されるほどの選手に成長しました。

名字の「東妻」は「あずま」と読み、全国で100人ぐらいしかいない珍しい苗字だそうです。

ところで、話はそれますが……「東妻純平」という名前は、あだち充の野球漫画「クロスゲーム」の登場人物・東純平と読みが一緒ですね。

「クロスゲーム」の東純平は、高校時代プロ注目の選手でしたが、弟を助けるために怪我をして、野球を断念したという経歴の持ち主でしたが、東妻純平選手は、怪我はしないようにしてほしいものです。

東妻純平プロフィール

名前:東妻純平(あづま じゅんぺい)
出身:和歌山県和歌山市
身長:174cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:キャッチャー
経歴:和歌山市立紀伊小学校→和歌山市立紀伊中学校→智弁和歌山

東妻選手は、紀伊小学校1年生の時から軟式野球を始めました。
また紀伊中学校時代は、「紀州ボーイズ」に所属し主にショートとしてプレー。
中学3年の春には全国大会にも出場しています。

中学時代はキャッチャーではなくショートでプレーしていたんですね!

智弁和歌山での成績

高校は智弁和歌山に進学。
高校進学決定後、高嶋仁監督から遠投125メートルの強肩を買われて、キャッチャーに転向しています。

1年夏の和歌山県大会からベンチ入りすると、県大会で優勝し、甲子園2回戦まで進みました。

1年秋の和歌山県大会からは、レギュラーを獲得。
秋の和歌山県大会優勝、近畿大会準優勝を果たしています。
個人としても、計11試合で17安打、打率.500、8打点をマークしました。

また、1年の冬には和歌山選抜の一員として台湾遠征も経験しています。

翌2年春のセンバツでは、8番打者としてスタメン出場し、打率.316、打点5の成績を残して準優勝に貢献しています。

その後、2年夏も県大会を制して甲子園に出場しましたが、残念ながら初戦で敗れました。

智弁和歌山の先輩には、平田龍輝投手林晃汰選手文元洸成選手そして同学年の注目選手には黒川史陽選手、西川晋太郎選手がいます。

◼️黒川史陽選手についてはこちら!
黒川史陽の父兄弟は?出身中学や身長も!

◼️西川晋太郎選手についてはこちら!
西川晋太郎(智辯和歌山)西川遥輝が兄?中学や身長は?

2019年春の選抜での活躍

2019年春の選抜では4番キャッチャーとして出場しています。

初戦の熊本西戦ではなんとホームランを放つ活躍!

攻守でチームに貢献し、スカウトからもかなり高い評価を受けています。

2019年夏の甲子園での活躍

夏の甲子園では初戦で、米子東相手に、東妻選手は「6番・捕手」で出場し、4回に先制のタイムリーを放つと、6回には右中間に勝ち越しのタイムリー三塁打を放つなど3安打2打点の活躍でチームの初戦突破に貢献しています。

また2回戦の明徳義塾戦でもホームランを含む4打数2安打。守っても矢田真那斗、池田陽佑の両投手をうまくリードし、明徳打線を1失点に抑えています。

3回戦の相手は星稜。

どんな戦いを見せてくれるのか楽しみです!

プレースタイル

172cmと小柄ですが、遠投125mの強い地肩の持ち主です。
高校1年生で、遠投125mは凄すぎですね。
プロでも数人しかいないレベルです。

こちらは2年生の時の動画です。


バッティングもチームでは6番~8番を務め、県大会と近畿大会を通して、計11試合でチームトップ打率.500をマークしています。

中谷仁監督との関係

今後の成長のカギを握るのが、2018年8月24日に名将・高嶋前監督の名誉監督就任に伴い、監督に就任した中谷監督。

2017年から智弁和歌山のコーチを務めていました。
中谷監督は、1997年のドラフトで阪神に1位指名でプロ入りしました。

東妻選手について中谷監督は、

「まだまだこれからだけど資質はある。体や肩の強さがあるし、頭の中も捕手らしい部分が少しずつ芽生えている。もっともっと経験していけば楽しみ」

東妻選手も

「中谷監督の言葉は忘れないように、残さず毎日ノートに記録していています。4月からでもう一冊が終わりそうです」
と話しています。

いい師弟関係を築いているみたいですね。

◼️中谷仁監督についてはこちら!
中谷仁監督は阪神でプレーも携帯で失明?嫁や子供は?

◼️智辯和歌山野球部メンバーはこちら!
→智弁和歌山の出身中学と注目選手・監督プロフィール

兄も野球選手

東妻選手の5歳上の兄は、千葉ロッテに2位指名された東妻勇輔投手です。

東妻純平選手が高校に進んでキャッチャーを任されるようになった時

『ピッチャーとしてどういうキャッチャーがいい?』などとお兄さんである勇輔投手に色々と相談していたそうです。

また監督の中谷仁さんに怒られた時は『どうしたらいいのかわからない』と悩んでいた時期もあったとのこと。

親身に相談に乗ってくれる東妻勇輔投手の存在は大きかったでしょうね。

東妻勇輔投手は、

「ずっとアイツのなかでは、僕が憧れの選手だったみたいです。僕が中学生の時、ボーイズリーグの試合で、甲子園球場で1日2本塁打を打ったことがあって、それを小学生だったアイツが見ていた。それが強いインパクトとして残っているみたいです。今でも『まだまだお兄ちゃんには敵わない』とか言ってきたりしますし、結構かわいいところがあるんですよね」

とコメントしています。

とっても仲が良さそうですね。

東妻勇輔投手は日本体育大学卒で、2017年の明治神宮大会の大学の部では、日本体育大学が日本一になっています。
今年は、東妻選手の智弁和歌山が日本一になる番!

また将来の夢は、
「プロでの兄弟バッテリーを組むこと」
と話しています。
2人で同じチームに入れるとなるとかなり話題になりそうですね!

同じチームでなくても、オールスターや侍ジャパンで組む可能性もあり、そのほうが素敵かもしれませんね。

◼️東妻勇輔投手についてはこちらを!
東妻勇輔の読み方は?球種や身長や出身中学高校も!

スカウト評価!

◎東京ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク:「本塁打を打てたし、肩も強い。魅力的な選手。打つ方も力強い。将来プロでレギュラーでいける選手。」

◎阪神・渡辺スカウト:「ホームランは、彼のポイントに来たと思いますが、1球で仕留められたことは評価できる。捕手としても中谷監督から指導を受けているし、大きな舞台にも慣れている。」

◎オリックス・古屋編成部副部長:「長打も打てるキャッチャーとしてはNO・1。高校生キャッチャーがほしいところは当然候補に入る。」

◎ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長:「(身長172センチで)体は小さめだけど、打撃に力もあるし、動きも速い。ウチの(甲斐)拓也っぽいです」

◎巨人・長谷川国利スカウト部長:「体は大きくないが、走攻守がそろっている。経験も豊富で、試合中に読んでやっている」「試合の流れを読むことができる」

◎ロッテ・松本球団本部長:「高校生の捕手ではNO1。5季連続出場の経験から、周りを見てゲームをつくれている」

まとめ

スカウト評価もかなり高い東妻選手。

どこの球団に入るのか?今からドラフトも楽しみですが、まずは甲子園。

東妻選手は
「捕手として投手を最大限に生かしたい。日本一を目指す」
と力強く宣言しています。

3回戦からも攻守でどんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!

■関連記事
・2019年ドラフト候補一覧
→高校生(投手野手)
→大学社会人(投手野手)