菅原由勢(名古屋)プロフィール!出身中学やポジションや身長は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

高校2年生の菅原由勢選手(名古屋グランパス)が、J1の開幕戦でスタメン出場
17歳7カ月と27日でのJ1開幕スタメンは、元日本代表の稲本潤一選手がガンバ大阪時代(1997年)に記録した、17歳6カ月と25日の最年少記録に次ぐ、史上2番目の記録です。

メインポジションであるセンターバックの他、サイドバック、ボランチとしてもプレーでき、U-15日本代表以来、年代別代表の常連でもあります。
もしかしたら、10代のうちに年齢制限のないフル代表に選ばれるかもしれません!

早速、菅原選手がどのような選手なのか、詳しく調べてみました。

 

名前:菅原由勢(すがわら ゆきなり)
生年月日:2000年6月28日
出身:愛知県豊川市
身長:179cm
体重:67kg
ポジション:CB、SB、DH
背番号:41
経歴:AS.ラランジャ豊川U-12→名古屋グランパスU-15→名古屋グランパスU-18→名古屋グランパス

 

名古屋グランパスの地元・愛知県豊川市出身の菅原選手は、小学生時代は「AS.ラランジャ豊川」でプレーしています。
豊川市立代田中学校からは、名古屋の下部組織「名古屋グランパスU-15」に入団。
東海学園高校に進学すると、所属チームも「名古屋グランパスU-18」に昇格します。
さらに高校2年生の2月に2種登録選手としてトップチームに昇格すると、開幕のガンバ大阪戦にセンターバックとしてスタメン出場
見事、チームの勝利に貢献しています。

スポンサードリンク

○プレースタイル
身長179cmと、センターバックとして、それほど背は高くありません。
しかし、1対1の守備、カバーリングの読みの鋭さ、後方からのフィードの正確性など、ディフェンダ―にとって必要な物を、高いレベルで持ち合わせています。

また、名古屋のトップチームではセンターバックとして出場していますが、本来のメインポジションは、右サイドバックです。
特に「右サイドを駆け上がったときの推進力」は並外れたものがあり、守備的なポジションの選手でありながら年代別代表51試合で9ゴールも挙げています。

その他、左サイドバック、ボランチとしてもそつなくこなすことができ、U-17日本代表の森山監督も
「どのポジションでも高いレベルでプレーできる」
と、能力の高さには一目置いています。

 

○年代別日本代表
U-15日本代表に選出されて以来、菅原選手は、年代別代表に欠かせない選手となっています。
2017年に開催されたU-17ワールドカップでは、中心選手として日本のベスト16に貢献しました。

「とても17歳には見えない」
菅原選手を取材した人たちは、誰もがそう口にします。
それは菅原選手のピッチ上のプレーだけではなく、インタビューでのコミュニケーション能力、自己分析力、将来に対する意識の高さ、相手への気遣いなどから、そう感じてしまうんだそうです。

 

菅原選手は、将来、日本代表や海外のクラブでプレーするのは間違いないと思われます。
世界を相手にどこまで活躍するのかとても楽しみですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ