陸上

新田颯(育英大/関東学生連合)の進路は?出身中学高校や自己ベストは?

育英大学陸上部新田颯選手。

関東学生連合主将として出場した2023年箱根駅伝では、1区であわや1位という大激走を見せていました。

残念ながら、終盤に2人にかわされ、区間3位相当でしたが、 新田颯選手の走りは多くの人に感動を与えていましたね。

今回はそんな新田颯選手経歴進路についてまとめてみました、

新田颯のプロフィール

名前:新田 颯(にった はやて)
生年月日:2001年1月31日
出身:熊本県山鹿市
身長:178cm
体重:59kg
経歴:山鹿市立山鹿中学校→熊本市立千原台高校→育英大学

新田颯の中学高校時代

中学時代新田颯選手ハンドボール部に所属しながら「体力作り」が目的で駅伝の練習をされていました。

その走りを見た中学、高校の顧問に導かれ、高校から本格的に陸上を始めます。

高校時代には全国大会への出場経験はなく、卒業後は育英大学進学しました。

新田颯の大学時代

群馬県高崎市にある育英大学2018年創立の比較的新しい学校です。

硬式野球やサッカーの強豪校として知られる前橋育英高校と同じ学校法人群馬育英学園が運営しています。

新田颯選手は大学に入ってから、箱根を走ることを意識するようになったそうです。

大学2年時箱根駅伝予選会では、全体の339位に入り、関東学生連合のメンバーに選ばれています。

しかし、その時には直前で、ひざの半月板を痛め、本選に出場することはできませんでした。

それでも大学4年時箱根駅伝予選会では全体33位に入り、再び関東学生連合のメンバー入り。

箱根駅伝本選では1区で出走すると、スタート直後から飛び出し、15キロでは後続に1分以上の差をつける独走!

残り1キロを切ったところで、明治大学の富田峻平選手、駒澤大学の円健介選手に抜かれましたが、区間3位相当でゴールしています。

※関東学生連合の記録はすべて参考扱い

新田颯の自己ベスト

10000メートル:28分21秒14

新田颯の進路

箱根駅伝では快走を見せた新田颯選手ですが、大学卒業後は陸上を引退し、群馬県内一般企業就職する予定です。

新田颯のまとめ

新田颯選手がこのまま引退するのはもったいない気がします。

でも、新田颯選手が決めたことですから、周りがとやかく言うことではりません。

次は新しい舞台での活躍を期待したいですね!