陸上

全国高校駅伝(男子)2022優勝候補予想と注目選手!日程やコースは?

男子第73回全国高等学校駅伝競走大会(高校駅伝2021)優勝予想注目選手!

昨年は広島県世羅史上最多11回目となる優勝を達成しています。

果たして今年はどの高校が都大路を制するのでしょうか?

〜もくじ〜

全国高校駅伝男子2022の日程

2022年12月25日(日)
12時30分スタート

全国高校駅伝男子2022のコース

京都府京都市にある西京極陸上競技場(たけびしスタジアム京都)をスタートとゴールとした7区間42.195kmで争われます。

・第1区 10km 西京極陸上競技場→烏丸鞍馬口
・第2区 3km 烏丸鞍馬口→丸太町河原町
・第3区 8.1075km 丸太町河原町→国際会館前
・第4区 8.0875km 国際会館前→丸太町寺町
・第5区 3km 丸太町寺町→烏丸紫明
・第6区 5km 烏丸紫明→西大路下立売
・第7区 5km 西大路下立売→西京極陸上競技場

全国高校駅伝男子2022の出場校

札幌山の手(北海道)

4年連続14回目

青森山田(青森)

7年連続28回目

一関学院(岩手)

28年連続32回目

仙台育英(宮城)

9年連続33回目

秋田工業(秋田)

10年連続28回目

東海大山形(山形)

6年連続20回目

学法石川(福島)

12年連続14回目

水城(茨城)

14年連続17回目

佐野日大(栃木)

5年ぶり19回目

東農大二(群馬)

4年連続31回目

埼玉栄(埼玉)

6年連続42回目

八千代松陰(千葉)

5年連続15回目

城西大城西(東京)

初出場

川崎橘(神奈川)

初出場

山梨学院(山梨)

12年連続22回目

十日町(新潟)

27年ぶり13回目

佐久長聖(長野)

25年連続25回目

高岡向陵(富山)

3年連続22回目

遊学館(石川)

14年連続15回目

敦賀気比(福井)

4年連続4回目

藤枝明誠(静岡)

13年ぶり10回目

名経大高蔵(愛知)

初出場

伊賀白鳳(三重)

2年連続33回目

大垣日大(岐阜)

初出場

滋賀学園(滋賀)

5年連続15回目

洛南(京都)

8年連続29回目

清風(大阪)

2年連続36回目

西脇工業(兵庫)

2年連続33回目

智辯カレッジ(奈良)

6年連続6回目

智辯和歌山(和歌山)

2年ぶり3回目

八頭(鳥取)

初出場

平田(島根)

3年連続3回目

倉敷(岡山)

45年連続45回目

世羅(広島)

19年連続52回目

西京(山口)

30年連続35回目

小豆島中央(香川)

7年連続7回目

つるぎ(徳島)

3年連続31回目

今治北(愛媛)

2年連続18回目

高知農業(高知)

2年連続46回目

福岡第一(福岡)

初出場

鳥栖工業(佐賀)

13年連続47回目

瓊浦(長崎)

7年ぶり6回目

大分東明(大分)

12年連続21回目

熊本工業(熊本)

25年ぶり16回目

小林(宮崎)

2年ぶり58回目

出水中央 (鹿児島)

2年連続2回目

北山(沖縄)

4年連続11回目

全国高校駅伝男子2022の優勝候補

今年の全国高校駅伝は上位チームの戦力が拮抗しており、予想は困難です。

その中でもあえて、優勝に近いチームを上げるとしたら、倉敷高校佐久長聖ではないでしょうか。

倉敷高校は予選の総合タイム1位です。

日本人エースの南坂柚汰選手に加え、今年のインターハイ5000mで2位のイマヌエル・キプチルチル選手もおり、どの区間にも隙が無いです。

佐久長聖は大エース・吉岡大翔選手1区区間賞を獲って、流れに乗りたいところ。

吉岡選手の他にも、長屋匡起選手らがおり、優勝争いに絡んでくるのは間違いありません。


その2校に匹敵するのは予選総合タイム2位西脇工業3位仙台育英です。

西脇工業エース長嶋幸宝選手1区佐久長聖吉岡選手とほとんど差がないタイムで襷をつなげてきそうですので、長嶋選手に続く選手がカギになりそう。

仙台育英留学生ボニフェス・ムテチ選手の存在はいうまでもありませんが、日本人の加世堂懸選手大西柊太朗選手佐藤蓮選手らのレベルも高いです。

その他の高校では八千代松陰2連覇中世羅に注目!

八千代松陰はエースの綾一輝選手に加え、国体3000mで優勝しているスーパールーキー鈴木琉胤選手の存在が大きいですね。

綾一輝選手1区で間違いないと思いますが、鈴木琉胤選手何区を走るのでしょうか?

世羅は県大会、中国大会とも故障の影響などからベストメンバーが組めていないのが気がかりです。

ベストメンバーを組めるのなら、3連覇もあるかもしれませんね。

全国高校駅伝男子2022の注目選手

学年/5000m

吉岡大翔(佐久長聖)

3年生/13分22秒99

高校5000mの高1、高2、高3の歴代記録をすべて塗り替えた怪物ランナー。

長屋匡起(佐久長聖)

3年生/14分13秒5

綾一輝(八千代松陰)

3年生/13分51秒61

綾一輝(八千代松陰)の進路は明治大?出身中学や兄弟は?自己ベストについても!

鈴木琉胤(八千代松陰)

1年生/14分38秒94

今年の栃木国体3000mでは高1最高記録17年ぶりに塗り替え、8分1秒26優勝を達成しています。

鈴木琉胤(八千代松陰陸上部)の出身中学やサッカー部時代は?自己ベストは?

長嶋幸宝(西脇工業)

3年生/13分46秒21

長嶋幸宝(西脇工業)の進路は大学?実業団?出身中学や身長についても!

南坂柚汰(倉敷)

3年生/13分54秒90

ダニエル・ディリツ(大分東明)

3年生/13分21秒31

インターハイ男子5000メートル優勝。



女子についてはこちらをどうぞ→全国高校駅伝(女子)2022優勝候補予想と注目選手!日程やコースは?