野球

坂本拓己(知内)の父母や兄弟は?出身中学や球速球種は?奥尻島出身のドラフト候補!

北海道知内(しりうち)高校ドラフト候補・坂本拓己投手

将来性を高く評価されている左ピッチャーです。

奥尻町出身としては元オリックスの佐藤義則さん以来、2人目となるプロ入りを目指しています。

今回はそんな坂本拓己投手球歴家族などについて調べてみました。

坂本拓己のプロフィール

名前:坂本 拓己(さかもと たくみ)
生年月日:2004年7月6日
出身:北海道奥尻町
身長:180cm
体重:85kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:奥尻町立青苗小学校→奥尻町立奥尻中学校→北海道知内高等学校

坂本拓己の父母

坂本拓己投手お父さんの名前は坂本治広さんです。

現在54歳で、職業などはわかっていません。

今年の南北海道大会決勝には応援に訪れ、声援を送っていました。

坂本拓己投手お母さんについては不明。

2人は坂本拓己投手プロ志望届を出したいと伝えた時には迷わず、首を縦に振ってくれたそうです。

子どものやりたいことを応援してあげる良いご両親のようですね!

高校野球引退後に家族で進路相談をした際、本人から「プロ志望届を出したい」と伝えられ、迷うことなく首を縦に振った両親。治広さんは「本人の人生だからやりたいことをやれば良い。楽しみです」。家族の後押しを受け、ドラフト会議の日を迎える坂本。

【高校野球】知内高の最速147キロ左腕・坂本拓己、奥尻町からは元オリックスの佐藤義則さん以来の指名待つ…夢への軌跡 ドラフト候補の素顔

坂本拓己の兄弟

坂本拓己投手3人きょうだいの末っ子で、お兄さんお姉さんがいます。

お兄さんの坂本晃汰さんは、現在27歳

坂本拓己投手はペンも箸も右手で扱いますが、野球の打つ、投げるだけはです。

これは幼い頃、左利きだった晃汰さんとキャッチボールをするうちに、自然と坂本拓己投手左投げになったからだと言います。

坂本拓己の小中学時代

坂本拓己投手お兄さんの影響で、小学1年生から青苗スカイバード軟式野球を始めました。

中学時代は学校の軟式野球部に所属。

中学卒業後は親元を離れ、北海道上磯郡知内町にある公立知内高校進学します。

坂本拓己の高校時代

高校では1年秋から背番号14ベンチ入り

翌2年夏の予選には背番号10番を付け、リリーフとして全4試合に登板しています。

2年秋から背番号1を獲得。

3年夏には地区予選から全7試合先発し、決勝進出に貢献。

決勝では札幌大谷高校2対7で敗れ、惜しくも甲子園出場はなりませんでした。

坂本拓己のプレースタイル

坂本拓己投手最速147km/hストレートを投げるサウスポーです。

変化球スライダーカーブチェンジアップなど。

3年夏の予選では合計49イニングを投げ、49奪三振防御率1.47の好成績を残しています。

坂本拓己の進路

坂本拓己投手プロ志望届を提出し、高卒でのプロ入りを目指しています。

坂本拓己のスカウト評価

ヤクルト・伊東昭光編成部長
「ちょっとびっくりした。二回から別人。ピンチでもチェンジアップやスライダーで空振りが取れ、直球も角度がある。非常にいいものを見せていただいた。リストには最後まで残っています」

ヤクルト・斉藤宜之スカウト
バネがあるし、これからもっと球速が上がると思う。伸びしろがありそうなので楽しみ」

日本ハム・白井スカウト
「勝負どころでコースに投げ分けられている。ここぞの場面で力を発揮している」

巨人・柏田スカウト
「大事な調整能力を持っている。地区予選より良くなっている。よくここまで仕上げてきた」

坂本拓己のまとめ

坂本拓己投手には地元・北海道日本ハムをはじめ、複数のプロ野球チームが注目しています。

これまで支えてくれた家族奥尻島の人たちのためにもプロ入りを果たせるといいですね!