陸上

出雲駅伝2022優勝候補予想!出場校やコースは?スタート時間は?

2022年10月10日に開催される第34回出雲全日本大学選抜駅伝競走。

大学三大駅伝の初戦でもあるこの大会は全国から集まった20チームで優勝が争われます。

果たして、今年の優勝はどの大学になるのでしょうか?

出雲駅伝2022の日程

2022年10月10日(月・祝) 13時05分スタート

出雲駅伝2022のコース

出雲駅伝全6区間合計45.1kmで行われます。

三大駅伝の中では全体の区間が短いため、順位変動がめまぐるしいスピード駅伝になりやすいのが特徴です。


1区(8.0km):出雲大社〜 出雲市役所・JAしまね前
2区(5.8km):出雲市役所・JAしまね前〜 斐川直江
3区(8.5km):斐川直江〜 平田中ノ島
4区(6.2km):平田中ノ島〜 鳶巣コミュニティセンター前
5区(6.4km):鳶巣コミュニティセンター前 〜島根ワイナリー前
6区(10.2km):島根ワイナリー前〜出雲ドーム前

過去5年間の出雲駅伝優勝校

2017年 東海大学 2:11:59
2018年 青山学院大学 2:11:58
2019年 國學院大學 2:09:56
2020年 新型コロナウイルスのため開催中止
2021年 東京国際大学 2:12:10

出雲駅伝2022の出場校

北海道学連選抜

北海道学連/出場回数31

東北学連選抜

東北学連/出場回数33

青山学院大学

関東学連/出場回数12

順天堂大学

関東学連/出場回数25

駒澤大学

関東学連/出場回数28

東洋大学

関東学連/出場回数22

東京国際大学

関東学連/出場回数2

中央大学

関東学連/出場回数26

創価大学

関東学連/出場回数2

國學院大學

関東学連/出場回数5

帝京大学

関東学連/出場回数11

法政大学

関東学連/出場回数15

北信越学連選抜

北信越学連/出場回数33

皇學館大学

東海学連/出場回数4

大阪経済大学

関西学連/出場回数5

関西学院大学

関西学連/出場回数9

立命館大学

関西学連/出場回数19

関西大学

関西学連/出場回数7

環太平洋大学

中国四国学連/出場回数2

第一工科大学

九州学連/出場回数24

出雲駅伝2022の優勝候補予想

今年の出雲駅伝で優勝争いに絡んできそうなのは、東京国際大学青山学院大学國學院大學の3校です。

その中でも一番優勝にちかいのは、昨年、初出場初優勝を成し遂げた東京国際大学ではないでしょうか。

やはり、なんと言っても、ケニア人留学生のイェゴン・ヴィンセント選手の存在が大きいですね。

昨年は最終6区で出場し、区間賞!

今年もアンカーでの出場が予想されています。

その他にも山谷昌也選手、丹所健選手ら昨年の優勝メンバーが全員残っているのも強みですね。

青山学院大学佐藤一世選手岸本大紀選手近藤幸太郎選手
國學院大學山本歩夢選手中西大翔選手ら実力者ぞろいで、優勝が狙えます。

ただ、2校とも出雲駅伝のようなスピード勝負の駅伝ですと、東京国際大学よりは少し分が悪いかな、という気はしますね。

その他では、駒澤大学中央大学順天堂大学上位入賞が狙えるチームです。

駒澤大学総合力では東京国際大学ら最初に挙げた3校に匹敵するものがありますが、スーパールーキーの佐藤圭汰選手は調子が上がらず、鈴木芽吹選手怪我から復帰途中というのが、厳しいですね。

特に中央大学はダークホース的な存在で、吉居兄弟の活躍次第で優勝争いに絡んでくると思います。

順天堂大学は、東京五輪、世界陸上3000mSC日本代表三浦龍司選手が出るか、出ないかで、大きく順位が変わってきそう。

ただ、三浦龍司選手は9月8日にスイスで行われた世界大会に出場したばかりですので、なんとなく出場しない気がしますね。

※追記 三浦龍司選手エントリー!