野球

仲地礼亜(沖縄大)はドラフト注目!兄もすごい?出身高校や球速球種は?

沖縄大学ドラフト候補仲地礼亜投手

「仲地礼亜」名前の読み方“なかち れいあ”

地方リーグに所属しているため全国的な知名度はありませんが、NPB全12球団が注目している本格派のピッチャーです。

沖縄の大学からは初となるプロ入りを目指しています。

仲地礼亜(なかちれいあ)のプロフィール

名前:仲地 礼亜(なかち れいあ)
生年月日:2001年2月15日
出身:沖縄県読谷村
身長:177cm
体重:80kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:読谷村立古堅南小学校→読谷村立古堅中学校→沖縄県立嘉手納高等学校→沖縄大学

仲地礼亜(なかちれいあ)の兄・仲地玖礼

仲地礼亜投手2学年上の兄・仲地玖礼(くおれ)投手もプロ注目のピッチャーです。

嘉手納高校時代3年時にはエースとして、同校を夏の甲子園初出場に導きました。


高校卒業後は沖縄大学進学

現在は沖縄にある社会人野球チーム・エナジックに所属し、野球を続けています。

仲地礼亜(なかちれいあ)の小中学時代

仲地礼亜投手の影響で、小学2年生から古堅南クラブ軟式野球を始めました。

中学時代北谷ボーイズでプレー。

卒業後は沖縄県立嘉手納高校進学します。

仲地礼亜(なかちれいあ)の高校時代

高校ではの活躍もあり、1年夏にチームは甲子園に出場していますが、当時はまだベンチ外でした。

その後、仲地礼亜投手は旧チーム時代からエースとして活躍!

3年夏沖縄県大会では全5試合中4試合に登板。

2年ぶりの甲子園出場を目指しましたが、準決勝で優勝した興南高校2対7で敗れ、ベスト4に終わっています。

仲地礼亜(なかちれいあ)の大学時代

沖縄大学に進学後は1年生からベンチ入り

2年秋のリーグ戦からは先発を任されるようになります。
 
3年春のリーグ戦ではエースとして、5勝1敗防御率0.37の大活躍で優勝に貢献しました。

続く全日本大学選手権では初戦名城大学戦先発
 
8回8奪三振1失点(自責点0)の好投を見せましたが、味方の援護なく0対1で敗れています。

仲地礼亜(なかちれいあ)のプレースタイル

仲地礼亜投手最速151km/hストレートを投げるプロ注目のピッチャーです。

変化球スライダーチェンジアップカットボールカーブスプリットなど。
 
ストレートの速さにばかり目が行きがちですが、変化球もどれも一級品で決め球になるボールばかりです。

本人も
「まっすぐ(ストレート)だと思われがちですけど、変化球をどんどん使っていって変化球で空振り取ったりするタイプだと思っています。まっすぐに自信がないわけではないですけど、どっちが自信あるかって言われたら多分変化球になると思います。」
と話されていますね。

仲地礼亜(なかちれいあ)の進路

仲地礼亜投手はすでにプロ志望届提出済です。

仲地礼亜(なかちれいあ)のスカウト評価

ソフトバンク・小川一夫GM補佐
「体の強さを生かした投げ方をしている。完成度の高い投手」

仲地礼亜(なかちれいあ)のまとめ

沖縄の大学から初のプロ野球選手への期待がかかる仲地礼亜投手

日本のプロ野球の歴史を変えることができのか!?

10月20日ドラフトが楽しみですね!