野球

古賀康誠(下関国際)はドラフト注目!父もすごい?出身中学や球速球種は?

下関国際高校ドラフト候補古賀康誠投手

ピンチに動じない鋼のメンタルを持ったプロ注目の左ピッチャーです。

高校では2年春から背番号1を背負い、活躍を続けています。

古賀康誠(こうせい)のプロフィール

名前:古賀 康誠(こが こうせい)
生年月日:2004年9月3日
出身:福岡県北九州市
身長:180cm
体重:80kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:北九州市立高須小学校→北九州市立高須中学校→下関国際高校

古賀康誠(こうせい)の父

古賀康誠投手お父さんの名前は貴司さんです。

野球経験の有無はわかっていませんが、幼い頃は近くの公園でキャッチボールにつきあってくれていたそうです。

小学校低学年の時には、福岡県北九州市の自宅近くの公園で父・貴司さん(52)とキャッチボールを繰り返す日々。思うように投げられなければ、父に「もうやめよう」と言われても涙を流しながら、1時間以上投げ続けることもあった。

下関国際・古賀の初志貫徹 大記録見えても「アウト一つ一つ」 先輩の8強超えに意欲

古賀康誠(こうせい)の小中学時代

古賀康誠投手小学2年生から高須少年野球クラブ軟式野球を始めました。

中学時代北九州若松アンビシャスでプレー。

2年時から投手陣の一角を任され、全国大会出場に貢献しています。

さらに3年時にはエースを務め、ヤングリーグ春季大会ベスト8入りを果たしていました。

古賀康誠(こうせい)の高校時代

中学卒業後は2018年夏に甲子園でベスト8入りした下関国際高校に憧れ、進学します。

高校では1年夏独自大会からベンチ入り

1年秋公式戦では、全10試合中8試合先発

防御率1.15の好成績で、山口県大会準優勝中国大会準優勝に貢献しました。


翌2年春センバツからは背番号1を付けて、マウンドに上がります。

センバツでは初戦健大高崎戦では3回途中からリリーフで登板。

しかし、8回に一挙、4点(自責点0)を奪われ、2対6で敗れてしました。

その後、2年夏山口県大会はまさかの初戦敗退

2年秋山口県大会では優勝を果たしますが、中国大会では2回戦広陵高校に敗れ、甲子園出場を逃しています。

3年夏の山口県大会では2試合に登板し、合計10イニングを投げ、8奪三振3失点の成績で、4年ぶり3回目となる優勝を達成しました。


下関国際高校同期のチームメイトには二刀流の仲井慎選手、4番を打つ賀谷勇斗選手らがいます。

仲井慎選手についてはこちらを→仲井慎(下関国際)はドラフト注目!出身中学や球速球種は?進路は?

賀谷勇斗選手についてはこちらを→賀谷勇斗(下関国際)はドラフト注目!出身中学や進路は?身長体重は?

古賀康誠(こうせい)のプレースタイル

古賀康誠投手最速147km/hのストレートを投げる本格派のサウスポーです。

変化球スライダーカーブツーシームなど

大舞台に動じない度胸の良さが魅力。

目標の投手は往年の名投手・江夏豊さん。

中学時代にたまたま見た動画サイトがきっかけで、憧れ、
「打たせたくない。絶対に抑える」
という江夏さんの熱い想いを尊敬しているそうです。

古賀康誠(こうせい)の進路

古賀康誠投手高校卒業後の進路に関して、まだあきらかにされていません。

ちなみに将来の夢はプロ野球選手、好きな球団は福岡ソフトバンクホークスです。

古賀康誠(こうせい)のまとめ

古賀康誠投手3年夏甲子園3回戦浜田高校戦では、6回2死までノーヒットノーランの快投を見せていました。

さらには準々決勝大阪桐蔭戦では5回2/34失点(自責点3)で勝利に貢献!

さすが、大舞台に強いですね!

このまま優勝目指して、好投を続けていってほしいですね!


日本一を目指す今年の下関国際野球部についてはこちらを→下関国際野球部メンバー2022!韓国との関係は?出身中学や監督は?

古賀康誠投手以外2022年夏甲子園注目選手についてはこちらを↓
高校野球夏の甲子園大会注目選手2022/投手(ピッチャー)編!日程も!

高校野球夏の甲子園大会注目選手2022/打者(野手)編!日程も!