野球

岡西佑弥(智辯和歌山)は主将でドラフト候補!出身中学や進路は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

智辯和歌山高校ドラフト候補岡西佑弥選手

「岡西佑弥」名前の読み方“おかにし ゆうや”

中学時代には2度日本代表にも選ばれている強打の内野手です。

昨夏の甲子園ではクリーナップを打ち、日本一に貢献!

高校最終学年の今年は、主将を務め、甲子園連覇を目指しています。

岡西佑弥(ゆうや)のプロフィール

名前:岡西 佑弥(おかにし ゆうや)
生年月日:2004年度生まれ
出身:奈良県大淀町
身長:176cm
体重:86kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ファースト兼サード
経歴:大淀町立大淀中学校→智辯和歌山高校

岡西佑弥(ゆうや)の小中学時代

岡西佑弥選手は小学生から香芝ボーイズ野球を始めました。

中学生からは橿原ボーイズでプレー。

中学1年時にはU-12日本代表としてカル・リプケン12歳以下世界少年野球大会に出場し、世界一を達成しています。

中学3年時にはボーイズ選手権大会ジャイアンツカップで、いずれもベスト8入りを経験。

また、3年秋にはU-15日本代表に選ばれ、U-15アジアチャレンジマッチに出場。

U-15日本代表では主将を務め、4番打者を任されていました。

岡西佑弥(ゆうや)の高校時代

中学卒業後は、智辯和歌山高校進学します。

高校では1年秋からファーストのレギュラーを獲得。

1年秋には和歌山県3位に入り、近畿大会に出場。

近畿大会初戦市立和歌山戦には6番・ファーストで出場した岡西佑弥選手でしたが、
小園健太投手に3打数0安打に抑えられ、試合も0対2で敗れています。

2年夏和歌山県大会では19打数6安打6打点打率.316の活躍で、優勝に貢献。

続く甲子園大会では、全4試合5番・ファーストで出場し、16打数3安打3打点の成績で、日本一を達成しました。


2年秋の新チームからは主将に就任します。

2年秋和歌山県大会では和歌山東高校4対5で敗れ、ベスト4敗退

3年夏和歌山県大会では16打数8安打8打点打率.5001本塁打の活躍で、5大会連続となる夏の甲子園出場を果たしています。


智辯和歌山高校同期のチームメイトには渡部海選手、塩路柊季投手、武元一輝投手らがいます。

岡西佑弥(ゆうや)の進路

岡西佑弥選手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

岡西佑弥(ゆうや)のまとめ

今年の夏の甲子園2連覇を狙えるのは、智辯和歌山高校だけです。

岡西佑弥選手主将としてチームをまとめ、2年連続の日本一を達成してほしいですね!