野球

野村工(鷺宮製作所野球部)はドラフト注目!兄もすごい?出身高校大学は?

鷺宮製作所野球部ドラフト候補野村工選手

「野村工」名前の読み方“のむら たくみ”

豪快なスイングが魅力の強打の外野手です。

お兄さんプロ野球選手とのこと。

果たして、兄に続いてのプロ入りはなるのでしょうか?

野村工(たくみ)のプロフィール

名前:野村 工(のむら たくみ)
生年月日:1998年8月14日
出身:兵庫県神戸市
身長:175cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手
自分の勝負曲・テンションを上げたいときに聴く曲:TWICE「Fanfare」
経歴:神戸市立舞子中学校→日本航空高校石川高校→拓殖大学→鷺宮製作所

野村工(たくみ)の兄・野村勇

野村工選手・伸一郎さんと・昭子さんの間に生まれました。

野村工選手2歳上の兄ソフトバンクホークスの野村勇選手です。

勇選手は香川県の寒川高校拓殖大学NTT西日本を経て、 2021年ドラフト4位でプロ入りを果たしています。

野村工選手外野専門ですが、勇選手は内外野守れるユーティリティープレーヤーです。


兄弟性格は真逆で、
「流れに身を任せて進む」のに対し、
野村工選手「失敗を恐れ、あれこれ考えて立ち止まるタイプ」
だそうです。

しかし、失敗を恐れるからこそ、抜かりなく準備をし、その結果、グランドでは迷いなくプレーできると言います。

野村工(たくみ)の中学・高校時代

中学時代野村工選手神戸須磨クラブでプレー。

中学1年生の時にはジャイアンツカップ準優勝を経験しています。

中学卒業後は日本航空石川高校進学

3年夏石川県大会では決勝まで進出しますが、星稜高校5対7で、逆転負けを喫し、甲子園出場はなりませんでした。

野村工(たくみ)の大学時代

高校卒業後はも在学していた拓殖大学に進学。

3年春からライトのレギュラーを獲得すると、東都2部ながら、打率.3203本塁打の活躍を見せていました。

その後、3年秋打率.0931本塁打と不振に陥ります。

4年春新型コロナウイルスの影響でリーグ戦中止

4年秋には主に4番・ライトで出場し、打率.2681本塁打の成績を残しています。

野村工(たくみ)の社会人時代

鷺宮製作所に入社後は1年目から外野の一角として定着。

1年目都市対抗野球では、チームは予選敗退に終わりましたが、
野村工選手東京ガス補強選手として本選に出場し、優勝に貢献しました。

野村工(たくみ)のまとめ

社会人1年目都市対抗には東京ガス補強選手として出場した野村工選手ですが、
社会人2年目都市対抗には所属チームの鷺宮製作所で出場を果たしています。

に続いてのプロ入りなるかは、この都市対抗での活躍にかかってくるかもしれませんね!