野球

【高校野球】愛知県大会優勝候補予想2022!注目選手や放送予定(中継)は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

7月2日から開催される第104回全国高校野球愛知県大会

180校によって優勝が争われる今大会は、3年ぶりに全試合有観客で行われる予定です。

果たして、甲子園出場を手にするのはどこの高校でしょうか?

高校野球愛知県大会の日程

2022年7月2日(土)〜30日(土)

高校野球愛知県大会の組み合わせ

愛知県 高校野球 組み合わせ トーナメント

高校野球愛知県大会の優勝候補予想

昔から私学4強と言われ、愛工大名電東邦享栄中京大中京の4校が強い愛知県ですが、今年はその中でも春の愛知県大会を制している東邦が強そうです。

3年生三浦心空投手2年生宮國凌空投手の2枚看板が強力で、どちらが投げても勝ちを計算できるは強みですね。

それに続くのは昨夏の代表愛工大名電高校

こちらはエースの有馬伽久投手が投打の中心で、投げない時も外野で出場し、クリーナップを担っています。

2番手の岩瀬法樹投手をはじめ、周りの選手がどれだけ有馬伽久投手の負担を減らすことができるのかが、優勝の鍵になりそうです。

享栄は中京大中京から移って4年目の大藤敏行監督が投打に隙のないチームを作ってきています。

2年生エース東松快征投手の活躍次第では、久しぶりの甲子園出場もありそう。

今大会ではシードを逃している中京大中京は、上記の3校にはやや劣りますが、投手陣の奮起次第では優勝争いに絡んできそうです。

その他ではイヒネ・イツア選手擁する溝崎悠貴選手が4番を務める星城甲子園出場を目指せるだけの力があります。

高校野球愛知県大会の注目選手

三浦 心空(東邦)

3年生/投手/右投げ右打ち

スカウトからの評価も高い最速147km/h右腕。

宮國 凌空(東邦)

2年生/投手/右投げ右打ち

最速149km/h。3年生の三浦心空投手と2枚看板を形成。

有馬 伽久(愛工大名電)

3年生/投手/左投げ左打ち

高校3年生になって急成長を見せている左ピッチャー

有馬伽久(愛工大名電)はドラフト注目!出身中学や球速球種は?

岩瀬 法樹(愛工大名電)

3年生/投手/右投げ右打ち

元中日ドラゴンズの岩瀬仁紀さんの息子。

岩瀬法樹(愛工大名電)はドラフト注目!父や球速球種は?出身中学は?

東松 快征(享栄)

2年生/投手/左投げ左打ち

すでに147km/h?149km/h?をマークしている2年生サウスポー。

パウエル 海(西尾東)

3年生/投手/右投げ右打ち

身長186cmの大型右腕。
ピッチャーに転向したのは2年生の4月からで伸びしろ十分。

イヒネ・イツア(誉)

3年生/内野手/右投げ左打ち

NPB12球団が注目している大型ショート。

大江 嶺(中京大中京)

3年生/外野手兼投手/右投げ右打ち

身長190cmの二刀流選手。

高校野球愛知県大会の放送予定

愛知県大会を含め、全国の地方大会3000試合以上が、バーチャル高校野球のサイトで、無料ライブ中継される予定です。

サイトはこちら→バーチャル高校野球