野球

上崎彰吾(東日本国際大)はドラフト注目!出身中学高校や進路は?

東日本国際大学ドラフト候補上崎彰吾選手

強肩強打のプロ注目外野手です。

4年春全日本大学野球選手権では、史上初となる4試合連続ホームランを放ち、注目を集めていました。

上崎彰吾のプロフィール

名前:上崎 彰吾(うえざき しょうご)
生年月日:2000年12月18日
出身:青森県
身長:174cm
体重:82kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:三沢市立堀口中学校→青森山田高校→東日本国際大学

上崎彰吾の小中学時代

上崎彰吾選手小学3年生から野球を始めました。

中学時代軟式野球部に所属。

全国大会への出場経験ありませんが、卒業間際の3年生2月には上崎彰吾選手が作った短歌が新聞に掲載されていました。


俳句で有名なロッテ・山口航輝選手に対抗できる存在となれるかも?

ちなみに山口選手とは同学年で、2人とも同じ東北の強豪高校出身なので、対戦したこともありありそうですね。

上崎彰吾の高校時代

中学卒業後は地元の青森山田高校進学

高校時代はセカンド兼サード兼ピッチャーとしてプレー。

2年生の夏にチームは青森県大会を制していますが、上崎彰吾選手は、当時はまだベンチ外で、ボールボーイとして甲子園を経験していました。

3年夏青森県大会準決勝で、優勝した八戸学院光星7回コールド7対15で敗れ、甲子園出場はならず。

青森山田高校1学年下には、堀田賢慎投手(現・巨人)がいました。

上崎彰吾の大学時代

東日本国際大学に進学後は、2年秋からリーグ戦に出場。

3年秋のリーグ戦では40打数10安打12打点1本塁打の好成績で、打点王ベストナインを受賞しています。

4年春のリーグ戦では38打数10安打6打点の成績で、リーグ優勝に貢献しました。


続く全日本大学野球選手権では全4試合5番・ライトでスタメン出場。

16打数11安打11打点打率.6884本塁打の大活躍で、ベスト4入りを果たしています。

4試合連続ホームラン大会史上初
1大会4本塁打は原辰徳さん(東海大)、井口忠仁さん(現・資仁、青山学院大)らを抜き、大会新記録でした。


東日本国際大学同期のチームメイトには4番を打つ強打者・打川和輝選手らがいます。

打川和輝選手についてはこちらを→打川和輝(東日本国際大)はドラフト注目!金足農業時代や進路は?

上崎彰吾の進路

上崎彰吾選手大学卒業後の進路はまだわかっていません。

上崎彰吾のスカウト評価

中日・八木智哉スカウト
「リーグ戦では1本も打っていない状況で、4戦連発はまぐれではない。大舞台で結果を出せるというのは、何か持っているものがある」

上崎彰吾のまとめ

上崎彰吾選手は今年の全日本大学野球選手権で最も名を上げた選手の一人です。

この活躍が、上崎彰吾選手の今後の人生を変えることになるかもしれませんね!