野球

伊藤千浩(東北)はドラフト注目!兄もすごい?出身中学や進路は?

東北高校ドラフト候補伊藤千浩選手

「伊藤千浩」名前の読み方“いとう かずひろ”

身長188cm体重84kgの恵まれた体格を持つ二刀流選手です。

3年春には4番・エースとして活躍し、東北大会出場を果たしています。

伊藤千浩(かずひろ)のプロフィール

名前:伊藤 千浩(いとう かずひろ)
生年月日:2004年6月23日
出身:宮城県利府町
身長:188cm
体重:84kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:外野手兼投手
経歴:利府町立菅谷台小学校→利府町立利府西中学校→東北高校

伊藤千浩(かずひろ)の小中学時代

伊藤千浩選手小学2年生から利府西スポーツ少年団野球を始めました。

中学時代軟式野球部に所属。

中学3年時には宮城県選抜の一員として、全国中学生都道府県対抗野球大会 in 伊豆に出場しています。

伊藤千浩(かずひろ)の兄

伊藤千浩選手5人きょうだい(兄3人、姉1人)末っ子です。

3歳上の兄伊藤康人選手東北高校野球部のOBで、ポジションは外野手

高校では1年生からベンチ入りし、1年夏3年夏宮城県大会では決勝まで進出しましたが、いずれも仙台育英に敗れ、甲子園出場はなりませんでした。


高校卒業後は富士大学に進学しますが、中退。

独立リーグの石川ミリオンスターズ1年間プレーした後、同じく独立リーグのBC群馬に移籍し、野球を続けています。

伊藤千浩(かずひろ)の高校時代

中学卒業後、伊藤千浩選手
「仙台育英を倒して自分たちの代で甲子園へ行く」
が果たせなかった甲子園出場を目標に東北高校進学しました。

高校では1年秋からベンチ入り

背番号19ながらライトのレギュラーとして、打順も4番を任されます。


2年夏宮城県大会古川学園3対4逆転サヨナラで敗れ、ベスト8敗退

2年秋宮城県大会では決勝仙台育英に敗れましたが、宮城県2位に入り、東北大会に進出しました。

東北大会では初戦山形中央戦4番・レフトで出場。

しかし、4打数0安打2三振に終わり、チームも2対7で敗れてしまいました。

3年春宮城県大会には背番号1を付けて臨みますが、決勝再び仙台育英に敗れ、2位東北大会に出場しています。

伊藤千浩(かずひろ)のプレースタイル

伊藤千浩選手は投打の両方で注目されている外野手兼ピッチャーです。

ピッチャーとしては最速142km/hの角度あるストレートが武器。


バッターとしては飛距離が魅力のスラッガーです。

2年秋終了時点で、高校通算14本塁打を記録しています。

伊藤千浩(かずひろ)の進路

伊藤千浩選手将来の夢プロ野球選手です。

しかし、高校から直接目指すのか、大学社会人経由で目指すのか、まだわかっていません。

伊藤千浩(かずひろ)のまとめ

宮城県の“私学2強”と呼ばれてきた東北高校ですが、2016年の夏を最後に甲子園に出場できていません。

仙台育英の壁は高いですが、今年の夏は伊藤千浩選手の活躍で、甲子園出場を果たしてほしいですね!