野球

杉澤龍(東北福祉大)はドラフト注目!出身中学高校や進路は?

東北福祉大学ドラフト候補杉澤龍選手

俊足とパンチ力が魅力のプロ注目外野手です。

東北高校時代には1年春からショートのレギュラーとして甲子園にも出場していました。

大学で外野手に転向すると、持ち前の打撃力に磨きがかかり、4年春のリーグ戦は史上5人目の三冠王に輝いています。

杉澤龍のプロフィール

名前:杉澤 龍(すぎさわ りゅう)
生年月日:2000年6月2日
出身:秋田県
身長:175cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:小坂町立小坂中学校→東北高校→東北福祉大学

杉澤龍の中学時代

杉澤龍選手秋田県小坂町出身です。

中学時代大館リトルシニアでプレー。

卒業後は宮城県にある東北高校進学しました。

杉澤龍の高校時代

高校では入学直後からショートレギュラーを獲得します。

1年夏宮城県大会では24打数6安打4打点打率.2501本塁打の成績で優勝に貢献しました。

続く甲子園では初戦横浜高校戦1番・ショートで出場。

横浜高校の藤平尚真投手(現・東北楽天)と石川達也投手(現・横浜DeNA)の前に5打数0安打に抑えられ、チームも1対7で敗れています。


その後、甲子園出場はなりませんでしたが、
3年春東北大会準決勝八戸学院光星戦では1試合3本塁打(そのうち2本は場外!)という大活躍を見せ、スカウトを驚かせていました。

杉澤龍の大学時代

東北福祉大学に進学後は外野手転向

1年生からベンチ入りし、2年秋からセンターレギュラーを獲得します。

3年春には2季連続ベストナインを受賞。

また、3年冬には大学日本代表候補にも選ばれています。

4年春のリーグ戦では40打数22安打14打点打率.5504本塁打の大活躍で、史上5人目の三冠王を達成しました。

杉澤龍のプレースタイル

杉澤龍選手は鋭いスイングからの強打が持ち味の外野手です。

3年春のリーグ戦では8試合で7盗塁を記録するなど足もあります。

俊足強肩を活かしたセンターの守備大学トップレベルです。

杉澤龍の進路

杉澤龍選手はすでにプロ志望を明らかにしています。

杉澤龍のまとめ

大学4年生になってからの杉澤龍選手の活躍には、凄まじいものがりますね。

この調子でいけば、ドラフト上位でのプロ入りもあるのではないでしょうか。

6月6日から始まる全日本大学野球選手権での活躍も楽しみです。