野球

村上幸人(福岡大)はドラフト注目!出身中学高校や球速球種は?

福岡大学ドラフト候補村上幸人投手

九州の大学野球界を代表するプロ注目のピッチャーです。

全国の舞台でも1年生から活躍しており、
3年時全日本大学野球選手権では大学初のベスト4入りに貢献していました。

村上幸人のプロフィール

名前:村上 幸人(むらかみ ゆきと)
生年月日:2000年9月5日
出身:福岡県福岡市
身長:177cm
体重:68kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:福岡市立那珂小学校→福岡市立那珂中学校→九州産業大学付属九州高等学校→福岡大学

村上幸人の小中学時代

村上幸人投手小学3年生から清道クラブジュニアソフトボールを始めました。

小学5年生の時には全国大会にも出場しています。

中学時代は硬式野球の福岡ボーイズに所属。

中学3年生から本格的にピッチャーを始めました。

村上幸人の高校時代

中学卒業後は九産大九州高校進学します。

高校では1年秋からベンチ入り

2年春福岡県大会優勝し、九州大会に出場。

九州大会では準々決勝美里工業戦先発を任されましたが、3対4で惜しくも敗れています。

2年夏福岡県大会東筑0対1で敗れ、5回戦敗退

3年夏福岡県大会には背番号1を背負い、決勝まで進出します。

決勝沖学園戦では9回4安打1失点の好投を見せていました。

しかし、味方の援護なく0対1で敗戦。

甲子園出場はなりませんでした。

村上幸人の大学時代

福岡大学に進学後は1年春から先発を任されます。

1年春のリーグ戦では3勝を挙げ、MVPを獲得する活躍で、優勝に貢献しました。

続く全日本大学野球選手権では初戦星槎道都大戦先発

延長11回を一人で投げ抜き、4安打完封勝ちを収めていました。


全日本大学野球選手権には3年時にも出場。

この時は全4試合中2試合に先発し、いずれも1失点完投!

大学初となるベスト4入りを果たしています。


また、3年冬大学日本代表候補にも選ばれていました。

村上幸人のプレースタイル

村上幸人投手最速146km/hのストレートを投げる右ピッチャーです。

変化球ツーシームスライダーカットボールフォークチェンジアップなど。

小さいテイクバックから細かな変化球を使い打者に的を絞らせないピッチングが持ち味。

スタミナも豊富で、全国大会で先発した試合は全て完投しています。

村上幸人の進路

村上幸人投手の将来の夢はプロ野球の選手です。

ただし、大卒で目指すのかはわかっていません。

村上幸人のまとめ

これまで抜群の安定感を誇り、1年生からエース格として活躍を続けていた村上幸人投手ですが、
4年春のリーグ戦では不調で、途中からベンチを外れていました。

心配ですね。

今年も出場を決めている全日本大学野球選手権では、復活した村上幸人投手のピッチングを見せてほしいですね!