野球

山本晃大(慶應大野球部)は浦和学院出身のドラフト候補!進路は?

慶応義塾大学野球部ドラフト候補山本晃大選手

「山本晃大」名前の読み方“やまもと あきひろ”

浦和学院を卒業後、1年間の浪人生活を経て、慶應義塾大学に進学した外野手です。

大学では1年春からベンチ入りするものの、なかなかレギュラー獲得までには至りませんでした。

しかし、大学4年の春のリーグ戦では開幕からスタメンとして出場し、活躍を続けています。

山本晃大のプロフィール

名前:山本 晃大(やまもと あきひろ)
生年月日:1999年6月24日
出身:埼玉県さいたま市
身長:180cm
体重:80kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
経歴:さいたま市立岸中学校→浦和学院→慶應義塾大学

山本晃大の小中学時代

山本晃大選手6歳上の兄の影響で、小学1年生から本格的に野球を始めました。

小学6年生の時にはセレクションを勝ち抜き、東京ヤクルトスワローズジュニア入りを果たしています。

中学時代大宮リトルシニアでプレー。

中学3年春にはリトルシニア全国選抜野球大会に出場しています。

高校進学を決める際には、勉強もそこそこできたために東京都内の高校への進学も考えましたが、
「地元をかっこよく背負って戦える」
浦和学院進学しました。

山本晃大の高校時代

高校では1年春埼玉県大会からベンチ入り

1学年上の榊原翼投手(現・オリックス)、1学年下の渡邉勇太朗投手(現・埼玉西武)らとともに甲子園出場を目指しましたが、
当時の埼玉県では花咲徳栄が強く、1度も甲子園出場はなりませんでした。


3年夏埼玉県大会でも決勝で、花咲徳栄に2対5で敗れています。

その年の花咲徳栄は清水達也投手(現・中日)、西川愛也選手(現・埼玉西武)らを擁して、甲子園でも優勝していますから、ちょっと相手が悪かったですね。

山本晃大の大学時代

高校卒業後は、が通っていた慶應大学への進学を志望します。

しかし、現役では不合格、
そこから1年間の浪人期間を経て、AO入試慶應大学総合政策学部に合格しました。

大学では1年間のブランクがありながらも、1年春からベンチ入り。

早慶戦に代打で出場し、リーグ戦デビューを果たしています。


さらに1年秋明治神宮大会では日本一を経験。

しかし、なかなかレギュラー獲得までは至りませんでした。

それでも、4年春のリーグ戦では開幕から5番・ライトでスタメン出場!

東大との2回戦では初ホームランも記録するなど、不動のレギュラーとして活躍を続けています。


慶應義塾大学同期のチームメイトには増居翔太投手、生井惇己投手、下山悠介選手らがいます。

増居翔太投手についてはこちらを→増居翔太(慶應大)は彦根東出身のドラフト候補!進路はプロ?球速球種は?

生井惇己投手についてはこちらを→生井惇己(慶應大)はドラフト候補のピッチャー!出身中学高校や球速球種は?

下山悠介選手についてはこちらを→下山悠介(慶應大)はドラフト候補のサード!出身中学高校は?成績や進路は?

山本晃大の進路

山本晃大選手は小学生の時にヤクルトジュニアに選ばれたころから、将来はプロ野球選手になりたい、との想いを持っています。

ただし、大卒で目指すのかどうかは、今年の活躍次第ではないでしょうか。

山本晃大のまとめ

浦和学院から1年間の浪人を経て、慶應義塾大学に合格した山本晃大選手。

「自分が今後、活躍することによって、高校生の選択肢の幅が広がると思うんです。野球にかけて高校3年間を過ごすことは、きっと色んなリスクがある。中学生の段階では、それがわからない。そういう中学生や高校生とっての一つのモデルケースに、自分がなれたらいいなと思っています」
と話されています。

次はプロ入りすることで、子供たちに更なる夢と希望を与えてほしいですね!