野球

針谷隼和(桐光学園)はドラフト注目!出身中学や球速球種は?

桐光学園ドラフト候補針谷隼和投手

「針谷隼和」名前の読み方“はりがい はやと”

小学生時代には横浜DeNAベイスターズジュニアに選ばれた実績を持つピッチャーです。

高校では2年秋から背番号1を背負うと、3年春神奈川県大会では優勝を達成しています。

針谷隼和(はりがいはやと)のプロフィール

名前:針谷 隼和(はりがい はやと)
出身:神奈川県横浜市
身長:175cm
体重:75kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:横浜市立川和中学校→桐光学園

針谷隼和(はりがいはやと)の小中学時代

針谷隼和投手は小学生から川和シャークス軟式野球を始めました。

小学6年生の時には約600人が参加したセレクションを勝ち抜き、横浜DeNAベイスターズジュニア入りを果たしています。


中学時代横浜緑ボーイズに所属し、ピッチャー兼内野手兼外野手としてプレー。

中学3年時には東日本ブロック代表として鶴岡一人記念大会に出場していました。

針谷隼和(はりがいはやと)の高校時代

桐光学園に進学後は1年生からベンチ入りします。

2年春神奈川県大会では準優勝
2年夏神奈川県大会ベスト16
2年秋神奈川県大会ではベスト4
と惜しいところまではいきますが、なかなか優勝までは至りませんでした。

しかし、3年春神奈川県大会では準々決勝で強豪・横浜高校相手1失点完投勝ちを収めると、決勝桐蔭学園戦でも2失点完投勝ち!

春は12年ぶり4度目となる優勝を達成しました。

針谷隼和(はりがいはやと)のプレースタイル

針谷隼和投手最速144km/hストレートを投げる右ピッチャーです。

変化球カーブフォークチェンジアップなど。

”独特の間(ま)”を利用した打たせて取るピッチングが持ち味。

桐光学園の野呂雅之監督によると
「口数も少なく、淡々と、自分の世界を持っている。(現役時代に)後ろで守ったり、(指導者として生徒を)見てきましたが、自分の間(ま)があるんです。特長は何? と言われても、出てこなくて……(苦笑)。独特の間があります」
と話されています。

針谷隼和(はりがいはやと)の進路

針谷隼和投手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

現時点では大学進学が濃厚といわれています。

針谷隼和(はりがいはやと)のまとめ

春の神奈川県大会を制した針谷隼和投手

夏も優勝して10年ぶりとなる甲子園出場を果たしてほしいですね!