野球

岩瀬法樹(愛工大名電)はドラフト注目!父や球速球種は?出身中学は?

愛工大名電ドラフト候補岩瀬法樹投手

「岩瀬法樹」名前の読み方“いわせ のりき”

名前からわかる人も多いかもしれませんが、お父さん元プロ野球選手の岩瀬仁紀さんです。

岩瀬法樹投手お父さんと同じピッチャーとして、活躍しており、プロ入りを目指せるほどの実力を持っています。

岩瀬法樹(のりき)のプロフィール

名前:岩瀬 法樹(いわせ のりき)
生年月日:2004年4月6日
出身:愛知県名古屋市
身長:167cm
体重:72kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:名古屋市立田代小学校→名古屋市城山中学校→愛工大名電高校

岩瀬法樹(のりき)の父

岩瀬法樹投手お父さん中日ドラゴンズでプレーしていた岩瀬仁紀さんです。

岩瀬仁紀さんの現役時代のポジションはピッチャーで、最多登板試合通算最多セーブなど数々のプロ野球記録を樹立しています。

ちなみにお父さん左投げですが、息子の岩瀬法樹投手右投げ。

でも、フォームは驚くほど似ているんだそうです。

父は中日でプロ野球記録を持つ岩瀬さん。父とは違い野球を始めた時から右投げだ。左右の違いはあるがレジェンド左腕をほうふつとさせるフォームに「意識したことはないけど、似てるとよく言われます」と照れくさそうに話す。

父は元中日のレジェンド岩瀬仁紀さん、愛工大名電・岩瀬法樹、似ているフォーム『武器』も父と同じスライダー

岩瀬法樹(のりき)の小中学時代

岩瀬法樹投手は小学生からTMジュニアで野球を始めました。

中学時代は学校の軟式野球部に所属。

3年時にはエースとして活躍し、愛知県中学選抜軟式野球交流大会優勝を達成しています。


さらに名古屋・尾張の中学校軟式野球部の3年生によるクラブチームである名古屋球悠のメンバーとして、全国中学生都道府県対抗野球大会 in 伊豆に出場。

ここでもエースとして活躍し、青森市選抜戦では2安打完封勝利を記録していました。

岩瀬法樹(のりき)の高校時代

中学卒業後は愛工大名電高校進学

高校では2年生の5月に右肩の故障してしまいます。

そのため、チームは2年夏の愛知県大会を勝ち抜いて、甲子園に出場していますが、岩瀬法樹投手の出場機会はありませんでした。

1年ちかいリハビリを経て、3年春愛知県大会から背番号11でベンチ入り。

決勝東邦高校戦では6回途中からリリーフでマウンドに上がり、1イニングと3分の1無安打無失点の完ぺきなピッチングを見せていました。

愛工大名電同期のチームメイトにはプロ注目のサウスポー・有馬伽久投手らがいます。

有馬伽久投手についてはこちらを→有馬伽久(愛工大名電)はドラフト注目!出身中学や球速球種は?

岩瀬法樹(のりき)のプレースタイル

岩瀬法樹投手最速144km/hのストレートを投げる右ピッチャーです。

変化球スライダーカーブなど。

特にスライダーが一番の武器で、大小の曲がり幅を使い分けているといいます。

お父さんの岩瀬仁紀さんも「死神の鎌」と形容された切れ味鋭いスライダーを武器にしていましたね。

岩瀬法樹(のりき)の進路

岩瀬法樹投手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

現時点では大学進学が有力と言われています。

好きなプロ野球チームは、もちろん中日ドラゴンズです。

岩瀬法樹(のりき)のまとめ

岩瀬法樹投手・岩瀬仁紀さんは大学、社会人を経由してプロ入りしています。

岩瀬法樹投手はまだまだ伸びしろを多く残しているピッチャーです。

これからも、じっくりと成長していって、プロに進んでいってほしいですね。

できれば、将来は中日ドラゴンズ背番号13を付けてプレーしているところを見てみたいですね。


甲子園でも優勝が狙える!?今年の愛工大名電高校メンバーについてはこちらを↓
愛工大名電野球部メンバー2022!亡くなった部員の死因は?出身中学や監督は?