野球

漢人友也(中京大)はドラフト注目!兄妹もすごい?出身中学高校は?

中京大学ドラフト候補漢人友也投手

「漢人友也」名前の読み方“かんど ともや”

常葉大菊川高校時代3年夏には甲子園に出場し、活躍したピッチャーです。

当時は体重65kgと非常に細身でしたが、中京大学進学後は10kg以上の増量に成功!

ドラフト候補に名前を連ねるまでに成長をみせています。

漢人友也のプロフィール

名前:漢人 友也(かんど ともや)
生年月日:2000年5月3日
出身:静岡県掛川市
身長:181cm
体重:77kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:ピッチャー
家族:父、母、兄、妹
経歴:掛川市立桜木小学校→掛川市立桜が丘中学校→常葉大菊川高校→中京大学

漢人友也の兄妹

漢人友也投手3歳上の兄・漢人広也さんも、小笠高校野球をされていました。

163cmと小柄ながらも、セカンドの名手として、静岡では名が知られた存在だったそうです。

また、漢人友也投手4歳下の妹・漢人茉彩さんも野球をされていて、ポジションはピッチャー

現在は、女子硬式野球の名門・京都両洋高校でプレーされています。

漢人友也の小中学時代

漢人友也投手は、小学2年生から桜木少年野球団軟式野球を始めました。

中学時代は、軟式野球部に所属。

当時から、ノーヒットノーランを達成するなど”静岡県ナンバー1投手”と言われており、中学3年春には全国大会ベスト8入りを果たしています。

漢人友也の高校時代

中学卒業後は、県内外約30校の勧誘があった中から、常葉大菊川高校進学しました。

高校では1年夏から控え投手としてベンチ入り

1年夏には静岡県大会を制し、甲子園に出場。

甲子園での登板機会はありませんでしたが、1年生で唯一、ベンチ入りを果たしていました。


2年春からはエースとして、チームを引っ張ります。

2年夏静岡県大会では、全5試合を一人で投げ抜き、ベスト8

2年秋静岡県大会準優勝東海大会ベスト8

3年夏静岡県大会では、粘り強いピッチングで2年ぶりとなる甲子園出場に貢献しました。

甲子園では全3試合に登板し、ベスト16入り

2回戦日南学園戦では88球完封勝利を達成しています。

常葉大菊川高校同期のチームメイトには奈良間大己選手(現・立正大)、根来龍真選手(現・国士舘大)らがいました。

漢人友也の大学時代

中京大学に進学後は1年秋からリーグ戦に登板。

3年秋まではわずか1勝に終わっていましたが、
4年春のリーグ戦では開幕投手を任されると、7回途中2失点の好投で2勝目を記録しています。

3年秋のリーグ戦終了時点で、通算12試合に登板、30回1/3を投げ、1勝2敗19奪三振防御率5.04

中京大学同期のチームメイトには三浦大輝投手らがいます。

漢人友也のプレースタイル

漢人友也投手は均整の取れた体格を持つプロ注目のピッチャーです。

ストレートの最速は大学4年春のオープン戦で記録した150km/h

変化球スライダーフォークチェンジアップカーブ

漢人友也の進路

高校時代から親友である奈良間大己選手によると、漢人友也投手150㎞/hを出したらプロ志望届を出すと話されているようです。

「(漢人は)150キロを出したらプロ志望届を出すと言うので、自分はプロしか考えていないと言いました」

中日スポーツ

この記事が出た直後のオープン戦で、150km/hを記録しましたので、今秋にプロ志望届を提出するのは確実ではないでしょうか。

漢人友也のスカウト評価

中日・清水スカウト
「大きく崩れることなく先発としての仕事ができていた。スピードガン以上に速く感じる」

オリックス・下山スカウト
「しなやかで柔らかい。センスを感じる」

漢人友也のまとめ

漢人友也投手甲子園での活躍は鮮明に覚えています。

それからは早くも4年が経っているんですね。

大学最終学年の今年は怪我には気を付けて活躍し、プロ入りを果たしてほしいものです。