野球

猪口雄大(火の国サラマンダーズ)はなぜPIGBOSS?出身高校大学は?

火の国サラマンダーズ猪口雄大選手が登録名を“PIGBOSS”に変更して話題になっていますね!

猪口雄大選手身長168cm体重90kgのぽちゃり体型の強打の内野手です。

“PIGBOSS”の登録名は明らかに日本ハムの新庄剛志BIGBOSSを意識してのものと思いますが、
猪口雄大選手について気になったので、これまでの経歴などを調べてみました。

猪口雄大(PIGBOSS)のプロフィール

名前:猪口 雄大(いのくち ゆうだい)
生年月日:1996年8月31日
出身:熊本県熊本市
身長:168cm
体重:90kg
投打:左投げ左打ち
ポジション:一塁手
経歴:東海大学附属熊本星翔高等学校→東海大学九州キャンパス→熊本ゴールデンラークス→火の国サラマンダーズ

猪口雄大(PIGBOSS)の学生時代

猪口雄大選手東海大学附属熊本星翔高校の出身です。

3年夏熊本県大会準々決勝熊本工業3対4で敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

高校卒業後は首都圏にある大学への進学も考えましたが、結局、系列の東海大学九州キャンパスに進学。

大学2年春には熊本地震で被災し、しばらく野球ができない時期がありました。


それでも3年春には1学年後輩の小川一平投手(現・阪神)とともにチームを引っ張り、11年ぶり11度目となる全日本大学野球選手権大会進出に貢献!

全日本大学野球選手権大会では初戦天理大戦4番・ファーストで出場。

猪口雄大選手4打数3安打2打点の活躍を見せましたが、試合は5対8で敗れました。

猪口雄大(PIGBOSS)の社会人時代

大学卒業は社会人野球の熊本ゴールデンラークスに入社。

チームを運営するスーパー・鮮ど市場の鮮魚コーナーで魚をさばく業務に従事しながら、野球を続けていました。

2021年からは熊本ゴールデンラークスを母体とする独立リーグ・九州アジアリーグの火の国サラマンダーズに入団。

1年目は主に2番打者として38試合に出場し、80打数23安打12打点、打率.288の成績を残しています。


2年目の2022年からは内野守備・打撃コーチを兼任。

また登録名を本名の“猪口雄大”から“PIGBOSS”への変更を行っています。

PIGBOSSの由来

“PIGBOSS”の愛称は、2021年のシーズンオフに兼任コーチを発表する前日の夜に、猪口雄大選手本人が思いついたものです。

最初は“PIGBOSS”というパロディキャラクターで会見に臨むといった程度のものでしたが、
火の国サラマンダーズの神田康範球団社長がこのアイデアをいたく気に入り、“PIGBOSS”を正式な登録名としてしました。


猪口雄大選手は登録名が“PIGBOSS”となったことについて
「もし、これでサラマンダーズの名前が広がれば僕としても身が引き締まります」
と話されています。

猪口雄大(PIGBOSS)のまとめ

“PIGBOSS”という一見ふざけているようにみえる登録名の猪口雄大選手ですが、根は真面目な性格だそうです。

本家の新庄BIGBOSSとともに野球を通じて、世の中に笑顔を届けていってほしいですね!