頓宮裕真(亜細亜)読み方は?ドラフト候補の特徴や出身中学高校も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

★2018年ドラフト・オリックス2位!
その他指名選手はこちら→ドラフト指名選手一覧2018!

追記:プロ志望届を提出しました。
その他、提出選手はこちら
プロ志望届2018(高校/大学)提出者一覧!期限や上位指名候補は?

 

上武大学の吉田高彰選手と、大学ナンバー1キャッチャーの座を争うのが、亜細亜大学頓宮裕真選手。
亜細亜大学では主将も務める、強肩強打のプロ注目選手です。
「頓宮」という名字は、全国に1000人弱しかいない珍しい名字です。
現滋賀県である近江国甲賀郡頓宮村が起源で、現在は、岡山県の備前、備中、福井県の若狭地方などにみられるます。

 

名前:頓宮裕真(とんぐう ゆうま)
生年月日:1996年11月17日
出身:岡山県備前市
身長:183cm
体重:97kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:捕手
経歴:備前市立伊部小学校→備前市立備前中学校→岡山理大附属高校→亜細亜大学

 

頓宮選手は、小学1年時から軟式野球を始めました。
中学時代は「瀬戸内ボーイズ」で、主に4番・キャッチャーとしてプレーしていました。

 

〇岡山理大附属
高校は、岡山理大附属に進学します。
1年夏からベンチ入り。
1年秋から4番・キャッチャーとして、攻守に渡りチームを牽引していました。

2年夏の岡山県大会はベスト16
2年秋は、岡山県大会3位で中国大会に出場し、ベスト8入りに貢献しています。

高校3年夏の岡山県大会は決勝まで進みますが、逢澤崚介選手(現・明治大学)のいた関西高校に4対9で敗れ、準優勝に終わりました。
逢沢崚介選手については詳しくはこちらを→逢沢崚介(明治大)ドラフト候補の盗塁が凄い!

スポンサードリンク

○特大ホームラン
頓宮選手が注目されるようになったのは、3年春の練習試合で、超特大ホームランを打ってからです。
外野のネットを越えて、練習場後方まで届いたホームランは、推定飛距離140メートルと言われています。
プロでも、140メートルもの飛距離のホームランは、めったに見られません。
高校生の頓宮選手が打つのは凄すぎですね。

 

〇亜細亜大学
高校通算24本塁打を放ち、強肩強打の捕手として、プロからも注目されていました。
しかし、プロ志望届を提出せずに、亜細亜大学に進学しています。

大学では、1年春リーグの開幕戦からスタメンで出場。
1年秋のリーグ戦の終盤から、2年春のリーグ戦までを控えとして過ごしましたが、2年秋のリーグ戦からは、再びレギュラーに返り咲き、6試合でスタメン出場しました。
3年春のシーズン途中から一塁などでの出場が目立っていたが、同年秋は再びキャッチャーとしてスタメン出場しています。

亜細亜大学の同級生には、同じくドラフト候補の中村稔弥投手がいます。

 

○プレースタイル
頓宮選手は、181cm96k gのガッチリとした体格で、 二塁送球1.89秒の強肩とパンチ力のある打撃が持ち味です。
しかしキャッチャーとしては、リード面にやや課題があると言われています。

 

最上級生になって主将にも就任した頓宮裕真選手。
亜細亜大学の前主将・北村拓己選手(巨人)に続いてのプロ入りはなるでしょうか?
北村選手についてはこちらを→北村拓己(巨人)守備打撃や契約金や年俸は?

頓宮選手には、貴重な「打てる捕手」として、プロで活躍してほしいですね。

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

プロ野球や大リーグ!サッカーやテニスを見るならDAZN!トライアル1ヶ月無料!

アーカイブ