岩渕麗楽(スノボ)オリンピックでメダルは?両親/妹や出身高校も!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

平昌オリンピック、期待の若手選手。
今回、紹介するのは、スノーボードの岩渕麗楽選手です。
現役高校生のプロスノーボーダーで、2017年の世界ジュニア選手権では、スロープスタイルとビッグエアの両方で2位を獲得しています。
オリンピックでもメダル獲得を期待しちゃいますね。

それにしても、岩渕選手といい、男子の大久保勇利選手、国武大晃といい、スノーボードは10代の活躍が凄いですね。
男子の両選手については↓
大久保勇利(スノーボード)高校中学や兄父母は?
国武大晃(スノボ)の父姉が凄い!

 

名前:岩渕麗楽(いわぶち れいら)
出身地:岩手県一関市
生年月日:2001年12月14日
身長:149cm
体重:44kg
種目:女子ビッグエア、女子スロープスタイル
所属:キララクエストク
スポンサー:BURTON、ゼビオグループ

 

〇主な実績
2013年
・VOLKL WORLD ROOKIES FINALS グロム 準優勝

2014年
・VOLKL WORLD ROOKIES FINALS グロム 準優勝

2015年
・JSBA全日本スノーボード選手権大会 優勝
・VOLKL WORLD ROOKIES FINALS グロム 優勝

2016年
・めいほうBIG AIR 優勝
・WORLD ROOKEI TOURE グロム 優勝

2017年
・世界ジュニア選手権 2位
・日本選手権スロープスタイル 優勝、ビッグエア3位
・ワールドカップ ビッグエア 優勝

2018年
・ワールドカップ スロープスタイル 2位
・冬季Xゲームズ ビッグエア 2位

スポンサードリンク

〇経歴
スノーボードを始めたのは4歳の時です。
両親がやっていた影響でした。
1人で滑れなかった頃は、「やりたくない」という気持ちがあったそうですが、小学校に上がる頃には1人で滑れるようになり、その楽しさにのめり込んでいったと言います。

小学2年生で、大人の大会(予選落ち)に出場していたそうですから、才能があったのでしょうね。

中学1年生でプロスノーボーダーの資格を取ると、その後、スロープスタイルでナショナルチームの強化選手にも選ばれています。

ワールドカップの初参戦は2017年9月。
すると12月にビッグエアで初優勝を収めると、翌年1月にはスロープスタイルでも2位に輝きました。

そして、岩渕選手の何より凄いところが、世界のごく限られた選手しか出場できない「冬季Xゲームズ」に初出場し、2位を獲得したことです。
女子スノボ会では最年少出場でのメダル獲得でした。
「冬季Xゲームズ」というのは、W杯などで活躍して、大会側から呼ばれないと出場できず『オリンピックを辞退する選手でもXゲームズには出場する』そうですから、岩渕選手の初出場初メダル獲得がどれほどの快挙かが分かりますね。

 

〇中学や高校は?
出身中学は、「一関市立東山中学校」
現在通っている高校のは、「私立一関学院高等学校」です。
はっきりとした情報は出ていませんが、海外遠征の多い岩渕選手ですので、おそらくは通信制課程に在学していると思います。

 

〇家族
スノボを始めるきっかけとなった両親(父・和宏、母・恵里香)と、妹(璃音)がいるようです。
両親はスノボをやられていたそうですが、詳しい情報はありませんでしのたで、おそらくプロボーダーではないと思います。
妹さんもスノボをしていたそうですが、中学校で部活(新体操部?)に入ったのをきっかけに、やめてしまったようです。

 

〇バックサイドダブルコーク1080
岩渕選手は「バックサイドダブルコーク1080」という、難易度の高い大技を成功させています。
これは”縦2回転、横3回転”をこなすもので、女子でこの技ができるのは限られた選手だけです。
ワールドカップ初優勝も、この技で成し遂げました。

 

ワールドカップ初参戦から、半年でオリンピックに出場する岩渕麗楽選手。
大技を武器に、オリンピックでメダルを獲得してほしいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ