野球

古川温生(金光大阪)の出身中学や球速球種は?ドラフト注目!

金光大阪ドラフト候補古川温生投手

「古川温生」名前の読み方“ふるかわ はるき”

身長170cmと小柄ながらも最速144km/hのストレートをマークしている右ピッチャーです。

3年春のセンバツでは日大三島相手に完封勝ちを収め、金光大阪甲子園初勝利をもたらしています。

古川温生(はるき)のプロフィール

名前:古川 温生(ふるかわ はるき)
生年月日:2004年6月24日
出身:大阪府
身長:170cm
体重:70kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
家族:父、母、兄、弟
経歴:茨木市立東中学校→金光大阪高校

古川温生(はるき)の小中学時代

古川温生投手は小学生からシーパーズJSCで野球を始めました。

中学時代は学校の軟式野球部に所属。

全国大会出場などの経験はなく、卒業後は金光大阪進学します。

古川温生(はるき)の高校時代

2年夏大阪府大会には、バッテリーを組む岸本紘一選手と2年生ではただ2人だけベンチ入り

準々決勝大阪桐蔭戦では、8回裏に3対2とリードした場面で、1学年上のエース・伊藤大貴投手が足をつったために緊急登板

しかし、3点を奪われ逆転負けを喫するという悔しい経験をしました。

それでも、2年秋の新チームから背番号1を背負い、チームを引っ張ります。

2年秋の公式戦では全10試合に登板し、計72回を投げ、23失点(自責点20)防御率2.50の好成績で、大阪府大会準優勝近畿大会ベスト4入りに貢献しました。

大会終了後からは、金光大阪のOBで、元中日ドラゴンズの吉見一起さんが特別コーチに就任し、月に1、2回のペースで指導を受けています。

吉見さんからは
「不安そうな顔をしている時があったので、一つ一つの行動が見られているよ。エースなんだから、堂々としないといけないし、下を向いていてはいけないよ」。
と、エースとしての心構えを教わり、春への飛躍へとつなげていました。

古川温生(はるき)のプレースタイル

古川温生投手高い三振奪取率を誇る右ピッチャーです。

2年秋の公式戦では72イニング76個もの三振を記録しています。

ストレートの最速は3年春のセンバツでマークした144km/h

変化球スライダーカーブなど。

バッティングも得意で、チームではクリーンナップを任されています。

50メートル走6秒5。

古川温生(はるき)の進路

古川温生投手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

現時点では大学社会人に進むことが濃厚だと思われます。

古川温生(はるき)のまとめ

金光大阪甲子園初勝利をもたらした古川温生投手

吉見投手の教えを胸に、一勝でも多く勝ち星を積み上げていってほしいですね!


古川温生投手以外センバツ注目選手についてはこちらを↓
2022年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2022年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/野手(打者)編!日程も!