野球

半田真一監督(市和歌山)のwiki風経歴!指導方法や出身高校大学は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

市立和歌山高校野球部半田真一監督

半田真一監督市立和歌山高校野球部OBです。

2012年から母校の監督に就任すると、公立高校ながら夏2回春4回甲子園出場を果たしています。

また、半田真一監督小中学校のチームメイトにはすごい人物がいるそうです。

今回はそんな半田真一監督経歴指導方法についてまとめてみました。

半田真一のプロフィール

名前:半田 真一(はんだ しんいち)
生年月日:1980年4月5日
出身:和歌山県和歌山市
経歴:和歌山市立有功小学校→和歌山市立有功中学校→和歌山市立和歌山商業(現・市立和歌山高校)→愛知学院大学

半田真一の現役時代

半田真一監督は小学生から有功少年野球クラブ野球を始めました。

中学時代は学校の軟式野球部に所属。

半田真一監督の小中学時代の1学年上のチームメイトには、元プロ野球選手で、現智辯和歌山監督の中谷仁監督がいました。

和歌山の私立の雄・智辯和歌山の監督と公立の雄・市立和歌山の監督がチームメイトだったとは驚きですね!


中学時代に2人を指導した有功中野球部の酒井幹司さんは
「中谷は、皆を和やかにするタイプ。半田はまじめ一辺倒」
と話されています。

中谷仁監督についてはこちらを→中谷仁監督(智辯和歌山)阪神でプレーも携帯で失明?嫁や子供は?

半田真一監督高校では最初、ショートを守っていましたが、を故障したために3年生からレフトに転向しています。

高校3年間で甲子園出場はなく、卒業後は愛知学院大学に進学。

大学では野球部の主務として、チームを支えていました。

半田真一の指導者時代

大学卒業後、半田真一監督2004年4月から商業科の教諭として市立和歌山に戻ってきて、野球部のコーチをされていました。

前任の監督が引退したため、2012年の秋から監督に就任。

2014年に監督として、初の甲子園出場を達成しました。

以後、甲子園には2016年春夏2019年春2021年春2022年春計6度の出場を果たしています。

半田真一の指導方針

半田真一監督“勝つことの意識付けと人間力の育成”を大事にされています。

「新チームになると選手に嫌われるくらい、勝利への執着を求める」という。
同時に、あいさつや礼儀、仲間を含めて他人への気遣いなどを当たり前にできるよう指導している。
「人間としていろいろなことに気づけるようにならないと、野球でも成長はできない」
時には厳しく、時には温かく、選手たちの成長を促す。

日本一へ・市和歌山 監督・部長紹介/和歌山

半田真一監督指導方法について詳しく知りたい方はこちらの本がおすすめです↓

半田真一のまとめ

最近ではすっかり甲子園でもおなじみとなった半田真一監督

これからも先輩の中谷仁監督とともに、和歌山全国の高校野球界を盛り上げていってほしいですね!