野球

鈴木斗偉(山梨学院)はドラフト注目!姉妹は?出身中学や進路は?

山梨学院ドラフト候補・鈴木斗偉選手

「鈴木斗偉」名前の読み方“すずき とうい”

走・攻・守の3拍子そろったプロ注目の内野手です。

2年秋の公式戦では強打の山梨学院1番打者として、
打率.629ホームラン3本盗塁6の大活躍で、センバツ出場に貢献しています。

鈴木斗偉(とうい)のプロフィール

名前:鈴木 斗偉(すずき とうい)
生年月日:2004年7月20日
出身:神奈川県
身長:175cm
体重:74kg
投打:右投げ左打ち
ポジション:セカンド
家族:父、母、姉
経歴:横浜市立六浦中学校→山梨学院

鈴木斗偉(とうい)が野球を始めたっかけ

鈴木斗偉選手が野球を始めたきっかけは“家族を笑顔にするため” です。

これはどういうことなのか、と言いますと、3人きょうだいの真ん中だった鈴木斗偉選手には3歳上の姉の陽菜さんと2歳下の妹の湖々さんがいました。

しかし、の湖々さんは生まれつき重い心臓病を患っていて、3歳の時に亡くなってしまいました。

家族は前が見えないくらい泣いた、と言います。

そんな家族を見た鈴木斗偉選手
「野球で家族を元気にさせたり感動させたい」
と思い野球を始めました。

また、の陽菜さんも湖々さんの死をきっかけに医師を目指すようになったそうです。

すごい感心な姉弟ですね!

湖々ちゃんは生まれつき重い心臓病を患っていて3歳の時に亡くなってしまった。家族は悲しみに暮れたが、8年後の斗偉くんの卒団式での「僕が野球を始めたきっかけ」という手紙で野球で家族を元気にさせたり感動させたいと思ったのが野球を始めたきっかけだと話し、家族は前が見えないくらい泣いたという。そして家族も動き始め、お父さんは自作の練習ケージを作った。さらにチームバスの運転手も務める。お姉ちゃんは湖々ちゃんの死をきっかけに医師を目指すようになり、今は大学受験に向けて勉強中。

野球 家族物語〜日本一の夏〜ジャイアンツカップ2019

鈴木斗偉(とうい)の小中学時代

鈴木斗偉選手6歳から金沢スカイヤーズで野球を始めました。

中学時代は横浜南ボーイズでプレー。

中学3年時には4番打者を務め、横浜南ボーイズ初ジャイアンツカップ出場を達成しました。

鈴木斗偉(とうい)の高校時代

中学卒業後は山梨学院進学します。

高校では1年夏山梨県独自大会(準優勝)からスタメンを経験。

1年秋山梨県大会ベスト8

2年夏山梨県大会ベスト4

2年秋の新チームからは1番・セカンドとしてチームを引っ張ります。

秋の公式戦では35打数12安打12打点3本塁打6盗塁の大活躍で、山梨県大会優勝関東大会準優勝に貢献しました。


山梨学院の同期のチームメイトには、昨秋の山梨県大会では全5試合に登板し、防御率0.00のエース・榎谷礼央投手らがいます。

榎谷礼央投手につていはこちらを→榎谷礼央(山梨学院)はドラフト注目!出身中学や進路は?父祖父もすごい!

鈴木斗偉(とうい)のプレースタイル

鈴木斗偉選手は俊足強打の内野手です。

バットコントロールに優れ、ヒットを量産します。

パンチ力もあり、2年秋までで高校通算20本塁打をマークしています。

また、50メートル6.1秒の俊足で、2年秋の公式戦9試合で記録した盗塁数6チーム最多です。

鈴木斗偉(とうい)の進路

鈴木斗偉選手高校卒業後の進路はまだわかっていません。

ちなみに鈴木斗偉選手の将来の夢は“プロ野球選手”です。

なんとなく、東京六大学あたりを経由して、プロに進みそうな気がしますが、どうされるのでしょうね。

鈴木斗偉選手進路に関しては何かわかりましたら、改めて追記させていただきます。

鈴木斗偉(とうい)のまとめ

”家族を笑顔にするため”に野球を始めた鈴木斗偉選手

これからも、甲子園プロの舞台で活躍して、家族に笑顔を与え続けてほしいですね!


鈴木斗偉選手以外センバツ注目選手についてはこちらを↓
2022年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/投手(ピッチャー)編!日程も!

2022年甲子園選抜高校野球大会の注目選手/野手(打者)編!日程も!