プロ野球

釜元豪(ソフトバンク)彼女や結婚情報!性格や中学高校は?特技は料理!

今シーズン、2位に13.5ゲームの大差をつけて優勝したソフトバンクホークス。
3軍制を採用しており、最新の設備を誇る2軍球場を新設するなど、育成にも力を入れているチームですね。

多くの優秀な若手選手が揃っていますが、その中で注目したいのは、釜元豪選手!
今シーズン、2軍ウエスタン・リーグで26個の盗塁を決め、盗塁王を獲得。
しかも、これは昨年に引き続き、2年連続のことなんです。

 

名前:釜本豪(かまもと ごう)
出身地:長崎県北高来郡森山町(現:諫早市)
生年月日:1993年9月3日
身長:180㎝
体重:78㎏
投打:右投げ左打ち
ポジション:外野手
プロ入り:2011年育成選手ドラフト1位
年棒:600万円(2017年)
経歴:諫早市立森山西小学校→諫早市立森山中学校→長崎県立西陵高等学校→福岡ソフトバンクホークス(2012-)

 

小学2年生から「森山西少年SBC」でソフトボールを始めました。

野球へ転向したの中学校へ進学後で、その時は軟式でした。
中学2年生の時には陸上競技の長崎県大会で、短距離の障害種目にも出場しています。
現在、足を武器としている釜本選手ですが、やっぱり中学生のころから速かったんですね!

 

高校は、長崎の強豪校・長崎日大から誘いを受けながらも、長崎県立西陵高に進学しました。
理由は『文武両道を貫く』ため。

国立大学を目指すクラスに所属するなど、学業にも力を入れていたようですね。
高校では1年夏から3番・センターで活躍しました。

主将となった3年時の夏には、プロ注目の松田遼馬選手(阪神)率いる波佐見高と対戦。
初回にライトへ先制二塁打を放つなど、活躍して勝利しました。
しかし準決勝で永江恭平選手(西武)擁する海星高に敗れ、甲子園出場はなりませんでした。

スポンサードリンク

50m 6秒の俊足と遠投100mの強肩を武器とした、3拍子揃た中堅手として注目をされた釜本選手のことは、ソフトバンク中日広島日本ハムが興味を持っていたようです。

そして指名したのは福岡ソフトバンクホークス
ただし、育成での指名でした。
この時、通常ドラフトで指名されず、報道陣に対し、

「受験勉強して、大学に入って野球をしたい」

と話していました。

しかしその直後、育成枠で指名されると、

「普通のドラフトで指名されなくて落ち込んでいたが、それでも挑戦したい気持ちになった」

とプロ入りを決意したようです。
ちなみに、長崎県人として、初の県立普通校からのプロ野球選手なんだそうです。

プロ入り後は2014年に育成契約の規約によって1度自由契約になっていますが、その後再び育成契約を結び、2015年には支配下登録されています。

 

〇性格は?
なかなかユニークな性格のようです。
2012年4月2日に行われた履正社学園との試合で活躍し、若鷹スピーチの指名を受けると、

「自己紹介を始めます!背番号122、全部足したら『5(豪)』です!」
「好きな食べ物はカレーです。差し入れ待ってます!」

とハキハキとした声で 喋り、拍手を浴びました。
こんなヒーローインタビューが1軍で聞ける日が、早く来てくれると嬉しいですね。

 

〇結婚&彼女は?
結婚、彼女に関する情報は得られませんでした。

ちなみに、釜本選手は料理が得意なようです。
そのためチームメートの塚田正義選手には、

「あいつ、いい奥さんになるっすよ」

となんて言われています。

また元チームメート白根尚貴選手(横浜)とは、二人っきりで観覧車に乗るほど仲が良いようです。
そのため「ゲイ?」などと、密かな噂(冗談)も。

一人暮らしも始めたようなので、彼女の噂もそろそろ聞かれるかもしれませんね!

 

ソフトバンクは選手層が非常の厚いチームです。
しかしながら2軍で盗塁王に輝くなど、力もつけています。
今年の春季キャンプでも、1軍クラスのメンバーが集められたA組に抜擢され、チームからの期待は大きいです。
来シーズンこそ、激しい外野手争いに勝ち抜き、1軍でプレイする姿を多く見せてほしいですね!