井上広輝(日大三)兄は井上大成!中学や球種は?2019ドラフト候補!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

20回目の選抜高校野球大会への出場を決めた日大三高
ここに今大会、そして来年まで注目が集まるであろう投手がいます。
それが、新2年生の井上広輝投手です。

高校野球ファンならば、おそらく誰もが知っているであろう、井上大成選手(青山学院大学)の弟さんです。
井上大成選手は侍ジャパンU18日本代表として、清宮幸太郎選手(日本ハム)や安田尚憲選手(ロッテ)らと共にワールドカップを戦った、世代を代表する選手ですね。
そんな凄い選手を兄に持つ井上広輝投手ですが、彼自身も、世代を代表する投手になること間違いなしの選手なんです。

名前:井上広輝(いのうえ ひろき)
出身地:神奈川県厚木市
生年月日:2001年11月19日
身長:180cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:投手
経歴:厚木市立南毛利中学校→日本大学第三高校

小学生時代はソフトボールをプレーし、世界選手権大会にも出場したという井上投手。
中学時代は「海老名南シニア」で投手としてプレーしていまいた。
シニアでは、南関東選抜にも選ばれた経験があります。

〇日大三高
中学卒業後は、日大三高に進学。
これには、2学年上の兄・大成が日大三高にいたことに加え、2011年のエース・吉永健太郎投手(現JR東日本)への憧れがありました。
「2011年夏の甲子園で優勝したあの破壊力や、吉永さんの完璧なピッチングが凄いなと思って三高に憧れをもった」
と、日大三高を選んだ理由を語っています。

日大三高では、1年の夏から背番号20でベンチりしています。
デビュー戦は西大会の4回戦で、5回13対0と大勝した余裕ある試合でしたが、1回無安打の完璧なピッチングを披露しました。

同年の秋季大会では背番号11が与えられ、主にリリーフとして登板。
5試合に救援し、計17.1回18安打14奪三振8失点を記録しています。
さらに2回戦・修徳線では公式戦初先発を任され、7回コールド7安打3失点完投勝ちを収めました。
チームとしても、7年ぶり13回目となると都大会優勝を達成しました。

スポンサードリンク

〇神宮大会
井上選手が評価を高めたのは、1年秋の神宮大会ではないでしょうか。
1回戦・日本航空石川戦で、先発、2番手と打ち込まれての、4回裏無死2塁という厳しい状況でマウンドに送られ、ピンチを乗り切るナイスピッチングを披露しました。
そして、それまで9安打を放っていた日本航空石川打線を、9回まで被安打4、8奪三振、無四球に抑える好投を見せています。
試合は延長10回のバッテリーエラーで敗れたものの、この試合の好投で“大成の弟”から“井上広輝”として注目されるようになったように思います。

追記

2年生春のセンバツでは、2試合に登板。
初戦の由利工業戦では、リリーフで6イニングを投げ無失点
2回戦の三重高校戦では、先発し5回までは0点に抑えていましたが、6回に3点を奪われ敗れています。
その後、井上投手は、春の東京都大会で右肘痛を発症
2年夏の西東京都大会では登板できずに終わっています。
しかし、チームは優勝して出場した夏の甲子園の2回戦の奈良大付戦で先発として復帰登板を果たすと、自己最速を3km/h更新する150km/hをマークし、3イニングを0点に抑えました。

〇プレースタイル
最速150km/hのストレートが持ち味の本格派右腕
変化球は縦横のスライダーチェンジアップシンカー
特にシンカーには空振りを取れる切れ味があり、井上投手の特徴と言える変化球だと思います。
このシンカーは高校入学後に投げ始めたもので、憧れである吉永投手が投げていたシンカーを真似して修得したものです。

課題は制球力とスタミナ。
ただ、どちらもまだ1年生(新2年生)ということを考えれば、まだまだレベルアップが可能だと思います。

今後の成長と活躍が楽しみな井上広輝投手。
選抜大会でも、おそらくは登板の機会があると思います。
勝利ももちろん大事ですが、全国での経験を大きな糧としてほしいですね。

■関連記事
●2018年ドラフト候補一覧→高校生大学・社会人

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ