野球

西舘勇陽(花巻東)出身中学は?球種球速や成績も!2019ドラフト候補!

6年ぶり3度目の選抜出場を決めた岩手・花巻東高校
西武・菊池雄星投手エンゼルス・大谷翔平投手と、これまでも日本を代表する好投手を輩出してきた花巻東ですが、今年また、1年生に西舘勇陽投手という素晴らしいピッチャーが現れました。

初の甲子園出場が決まって、
「小さい時からテレビで見てきた場所に立ててうれしい。自分の力を出して、日本一に導きたい」
と語る西舘投手。
果たして、甲子園ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?
花巻東の新怪物候補・西舘勇陽投手について調べてみました。

 


名前:西舘勇陽(にしだて ゆうひ)
出身:岩手県一戸町
身長:184cm
体重:76kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
経歴:一戸町立一戸南小学校→一戸町立一戸中学校→花巻東

 

花巻東高校
西舘投手は小学3年生から野球を始め、中学時代軟式野球部に所属していました。

高校は、花巻東に進学します。
1年夏から控え投手としてベンチ入り
これまで、花巻東で1年夏からベンチ入りしたのは、西武・菊池雄星投手エンゼルス・大谷翔平投手だけでした。
残念ながら、登板こそはありませんでしたが、西舘投手に対する監督の期待の高さがわかりますね。

1年秋の岩手県大会リリーフとして、公式戦デビュー
岩手県大会では、3試合に投げ、8回2失点の結果を残しています。

続く東北大会からは、先発も任されるようになり、4試合中3試合(うち先発2試合)に登板しています。
20回と1/3を投げ、防御率1.33の好成績を記録し、東北大会準優勝に貢献しました。

特にすばらしかったのが、2度目の先発となる東北大会・準々決勝です。
21世紀枠として甲子園にも出場する由利工業相手9回を投げ、2安打1四球2失点(自責0)と好投を披露。
一躍、西舘投手の名前は高校野球界に知れ渡ることとなりました。

※追記
センバツでは準々決勝・大阪桐蔭戦甲子園デビューを果たしています。
しかし、4点リードされた2回に二番手として登板するも、2回6安打7失点(自責点5)と、結果を残せませんでした。
さらに大会後には、腰痛で戦線から離脱しています。

復帰したのは年夏の県大会、決勝・盛岡大付戦で、この試合にリリーフ登板すると、3回4安打1失点を記録し、優勝に貢献。
続く2度目の甲子園では、1回戦・下関国際戦リリーフ登板し、0回1/3を0安打に抑えました。

 

スポンサードリンク

○プレースタイル
ストレートの最速は142km/h
高校入学時には、 最速127km/hだったことを考えると、まだまだ速くなりそう。

その他には、スライダーカーブスプリットなどの変化球を投げます。
特にスプリットには自信を持っていて決め球として使うことが多いですね。

また、コントロールも良く
「指先に目がついているほどの制球力。手先も器用で変化球が素晴らしい」
と花巻東の佐々木洋監督が絶賛するほどです。

 

○花巻東の「背番号17」
現在、西舘投手が付けている「背番号17」は、花巻東にとって少し特別な番号です。
過去には、プロ入りした菊池雄星投手や、大谷翔平投手高橋樹也投手も、下級生時代に付けていました。
2007年に、当時1年生の菊池雄星投手が「背番号17」を付けて、甲子園を沸かせて以来、佐々木洋監督は「背番号17」を、将来エースにと期待する投手に付けさせるようにしています。

そういえば、今年からMLBのロサンゼルス・エンゼルスでプレーする大谷投手も、新しい背番号として「17」を選んでいますね。
大谷投手は、「17」を選んだことに対して
「僕が新たな気持ちで、ここでがんばっていくときに、17にしようかなと思った」
と答えています。
これは、高校時代に付けていたからでしょうね。

 

〇増量
高校入学時、体重が66kgしかありませんでした。
そこから、1日4食にして、体重を71kgまで増やしています。
ただそれでも、まだ細いそうと考えているようで
「春までに78kgくらいにして、球威をつけたい」
と更なるパワーアップを目論んでいます。

 

○まとめ
まだ、発展途上の西舘投手。
一冬越えて、甲子園では更なる成長した姿を見せてくれそうです。
みなさんも、甲子園では、西舘勇陽投手に注目して見てくださいね。

 

■関連記事
2019年ドラフト候補一覧→高校(投手野手)大学社会人(投手野手)